40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.3 アレルギー反応の理解
vol.4 皮膚のバリア機能
vol.5 アレルゲン以外のアレルギー反応
vol.6 気をつけなければならない合併症
vol.7 アトピーで皮膚科を受診するとき
vol.8 治療方針を知って薬を使い分ける
vol.9 ステロイド外用薬について
vol.10 ステロイドの副作用について
vol.11 タクロリムス軟膏とは
vol.12 脱ステロイド
vol.13 保湿のポイント
vol.14 飲み薬は使い分けが大事
vol.15 スキンケア
vol.16 衣服、寝具の注意
vol.17 掃除と洗濯の仕方
vol.18 アトピー性皮膚炎と食事
vol.19 不眠対策
vol.20 かゆくなったらどうするか
vol.21 悪化要因のチェックリスト1
vol.22 悪化要因のチェックリスト2
vol.23 用語解説
vol.24 用語解説2
vol.25 アトピーに関するQ & A 1
vol.26 アトピーに関するQ & A 2
vol.27 私のアトピー日記
ユースキンI
新レスタミンコーア軟膏
オイラックスA 30g

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎の特徴

アトピー

アトビーと聞けば、どなたもすぐにアトピー性皮膚炎を思い浮かべがちですが、医学的にアトピーとは、「遺伝的体質が原因で起こるアレルギー反応による病気の総称」のことを指します。代表的なものに気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎、じんま疹などがあり、アトピー性皮膚炎もその中のひとつにすぎません。ただ、皮膚の上に起こるため、目に見えてわかりやすい上に、病気が進むと痛々しい症状を呈すること、また治療をほどこしてもなかなか完治しない難治性の病気であることが社会的な関心を高め、今日ではアトピー性皮膚炎がアレルギー疾患の中では最も有名になってしまったようです。そこで世のお母さん方も、可愛い赤ちゃんの肌に赤いプツプツや湿疹を発見すると、すぐにアトピー性皮膚炎と考えて、病院にかけ込んで来られるようになりました。しかし、実際問題として、アトピー性皮膚炎であるかどうかの診断は、なかなか下しにくいというのが治療現場の実情だそうです。というのも、ことに新生児期の場合、『新生児中毒症紅班』や『新生児ざそう』、または皮膚から分泌された脂肪が溜まってかさぶた状になった『脂漏性(しろうせい)湿疹』など、赤ちゃん特有の皮膚のトラブルと、アトピー性皮膚炎との見分けがつきにくいからです。よって生まれて間もない赤ちゃんの場合、顔の皮膚がカサカサして赤くなったり、赤い部分にプツプツと湿疹のようなものができていたとしても、しばらく様子を見ます。赤ちゃんがかゆがる時は、お母さんの胸に顔をこすりつけたり、寝具の縁や手で顔をこするなどの仕草でよくわかります。症状が一時的なもので、いずれ治ってしまえば単なる皮膚のトラブルですむわけですが、湿疹がしだいに顔から頭、首、体全体に広がっていき、かゆみが増していくようであれば、アトピー性皮膚炎の疑いが濃厚となります。家族にアレルギーの病気を持っている人がいる場合には、アトピー性皮膚炎の疑いはますます強まります。いずれにしてもアトピー性皮膚炎の診断が、はっきりつけられるのは、大体生後3カ月ぐらいになってからです。

かゆい湿疹がよくなったり悪くなったりをくり返す

アトピーはラテン語の「A・TOP・Y=非定型な」を語源とし、なんとなくまとまりがなくわかりにくい、あるいは奇妙を、といった意味合いの言葉です。アトピー性皮膚炎はアレルギー反応を起こしやすいアトピー体質の人に起こりやすい症状のひとつです。最近はアトピー性皮膚炎という言葉がひとり歩きをしている傾向があり、皮膚がかゆかったり、かぶれたりすると、何でも「アトピー性皮膚炎では」と考える人が少なくありません。しかし、アトピー性皮膚炎は一時的な湿疹やかぶれ(接触皮膚炎)とは異なります。一般的には「おもにかゆみのある湿疹がよくなったり悪くなったりをくり返す病変」と定義されています。湿疹というのは、皮膚がかゆくなったり、赤く掛れたり、ブツブツができたり、カサカサと皮がむけたり、かさぶたができたり、皮膚がコリコリと盛り上がったり、かたくなったりする状態です。アトピー性皮膚炎では、こうした湿疹が左右対称にできることが多く、できやすいところが年齢によって変わっていきます。

アトピーの皮膚は、皮膚のバリア機能が壊れた状態です

もともと皮膚には微生物や病原菌、ウイルス、そしてダニやホコリなどの異物といった外的な刺激から、からだを守るという「バリア機能」が備わっています。健康な皮膚であれば、表面が乾燥しても角質層の内部の水分が蒸発しないように保つことができるのです。この大切な皮膚のバリア機能の主役は、お肌のうるおい成分「セラミド」です。「セラミド」は、角質層の細胞と細胞のすき間を満たしている角質細胞間脂質の約半分を占め、皮膚の内部への異物の侵入を防ぐとともに、皮膚の表面をしっとりさせる保湿作用を持っています。健康な皮膚の場合、細胞と細胞のすき間は角質細胞間脂質と水分の層で満たされています。ところが、アトピーの患者さんの皮膚では、この脂質の主成分である「セラミド」が減っているために細胞にすき間ができてしまいます。そして、そのすき間から水分が逃げてしまうので、皮膚が極度に乾燥しやすい状態です。これがアトピー特有の乾燥肌で、「アトピック・ドライスキン」などと呼ばれます。このアトピー特有の乾燥肌は、炎症が起きていないときにも、外からのほんのちょっとの刺激→こする、汗をかく、花粉がつくなど→が加わっただけで、強いかゆみが起こりやすい状態です。ときには乾燥した表皮の角質層が白く浮いて見えたり、パラパラとはがれ落ちたりすることもあります(これを落屑【らくせつ】といいます)。かゆみを予防し、少しでも皮膚のバリア機能を回復させるためには、正しいスキンケアで少しでも乾燥を防ぐことが必要です。ちなみに、お肌のうるおい成分である「セラミド」は、健康な皮膚でも加齢とともに減っていくことがわかっています。アトピー性皮膚炎の保湿スキンケアは、同時にお肌のうるおいをキープするための「アンチエイジング・スキンケア」でもあるというわけです。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.