40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.2 大人のアトピー性皮膚炎の特徴
vol.3 アレルギー反応の理解
vol.4 皮膚のバリア機能
vol.5 アレルゲン以外のアレルギー反応
vol.6 気をつけなければならない合併症
vol.7 アトピーで皮膚科を受診するとき
vol.8 治療方針を知って薬を使い分ける
vol.9 ステロイド外用薬について
vol.11 タクロリムス軟膏とは
vol.12 脱ステロイド
vol.13 保湿のポイント
vol.14 飲み薬は使い分けが大事
vol.15 スキンケア
vol.16 衣服、寝具の注意
vol.17 掃除と洗濯の仕方
vol.18 アトピー性皮膚炎と食事
vol.19 不眠対策
vol.20 かゆくなったらどうするか
vol.21 悪化要因のチェックリスト1
vol.22 悪化要因のチェックリスト2
vol.23 用語解説
vol.24 用語解説2
vol.25 アトピーに関するQ & A 1
vol.26 アトピーに関するQ & A 2
vol.27 私のアトピー日記
「神仙太乙膏」21g
亜鉛華軟膏 50g
アロエ軟膏 50g

ステロイド外用薬の副作用について

漫然と使いすぎると、局所的な副作用が出ることがある

外用混合薬

ステロイド恐怖症の人が考えている副作用とは、「皮膚が黒くなる」「ぬってから日に当たると色素沈着を起こす」「皮膚がゾウのように厚くなる」ets...。といったものです。これらはすべてあやまりです。ステロイド外用薬を長期にわたって使っていると、皮膚は黒く厚くなるどころか、むしろ白くなって薄くなってしまうのです。一時的に黒くなるのは、炎症が治まったための色素沈着です。日焼けして皮膚が赤くなった後に小麦色になるのと同じで、時間がたてば色がさめていきます。みなさんがステロイド外用薬の副作用だと思われているもののほとんどは、実はまちがった使い方でステロイドを塗っていたことによるものです。副作用が怖いからとチビチビ使っていると、皮膚が黒くなってしまうのがその一例です。ぬり薬のステロイドによる局所的副作用とは、ホルモンの関係で起こるニキビや多毛症のほか、酒さ様皮膚炎、接触皮膚炎、ステロイド緑内障などですが、誰にでも起きるわけではありません。適切に使えばアトピーの症状は必ずよくなるし、副作用が出てしまったときにも対処できます。かえって、不十分なぬり方を続けたことによる悪化や、「脱ステロイド療法」によって起きるヘルペスやとびひなどのほうが重症化します。医療機関によっては、ステロイド外用薬を他の薬剤で薄めた「外用混合薬」が処方されることもあります。薬剤の名前が書いてあるチューブではなく、丸いつぼ状のフタ付き容器に入ったぬり薬です。ぬる前には必ず手を清潔にします。不潔な指で薬をすくつたりすると、容器の中に雑菌が繁殖することがあるからです。チューブから直接出してぬる場合と違い、正確な量がわかりにくいので、外用指導のときにしっかり習ってきてください。またステロイドは、薄めても薬の効力がそれだけ弱まるものではないので、ぬりすぎないよう十分注意してください。

薬は、作用と副作用をはかりにかけて処方

では、ステロイド外用薬はどのような基準で処方されるのでしょうか。ステロイド外用薬は、効き方の強度によって五段階に分かれます。まずどのランクの薬が適切かを判断します。次に副作用とのかねあいも検討します。薬は、その作用が強いものほど、副作用も強いかといえば、そうでもありません。最近は研究開発がめざましく、左の表のように、作用の強いものが、必ずしも副作用が強いとはかぎらなくなってきています。こうした表も参考にし、薬の特徴、患者さんとの相性なども、薬を決める際の判断材料として欠かせません。

ステロイド外用薬の局所的副作用
・皮膚の萎縮(皮膚が薄くなる)
・毛細血管の拡張(血管が網目のように見える)
・ステロイド紫班(出血しやすくなる)
・ステロイド潮紅(赤みが増す)
・皮膚線条(妊娠線のようなもの)
・多毛症(体毛が少し濃くなる)
・ステロイドざ瘡(二キビ)
・ニキビダニ性ざ瘡(ダニによる二キビ)
・酒さ様皮膚炎(顔が赤くブツブツする)
・口囲皮膚炎(口のまわりが赤くブツブツする)
・乾皮痘(カサカサ肌になる)
・感染症(細菌、真菌、ウイルス)

薬も処方では、以上のことをに加え、吸収のされ方も考慮しなければなりません。 たとえば、顔や首は薬の成分が吸収されやすいので、Ⅴ~Ⅳ(弱い~おだやか)のランクを使うのが一般的です。まぶたや外陰部、わきの下は、原則としてステロイド外用薬を使いません。皮膚の薄いところは、Ⅲ(強い)以下で対応するのが一般的ですが、症状が強い場合は、炎症を早く抑えるために、もっと強い薬を使うこともあります。手やかかとなど角層の厚い部分や盛り上がったしこり、かたい湿疹は、Ⅲ~Ⅱ(強い~非常に強い)を使わないと効かないことがあります。

薬は、自己判断でやめたり、増減したりしない

処方された薬は、次の診察日まで指示されたとおりに使うことが大切です。たとえば、「一週間きちんとつけると、かなり症状がよくなり薬を減らせる、あるいはスキンケアに切り替えられる」と、医師が予測して薬を処方したとします。3~4日つけるとだんだん症状がよくなってきますが、そのときに、「副作用がこわいから」とか、あるいは「もう大丈夫なのではないか」といった患者さんの自己判断で薬を中止してしまうことがあります。そうすると、せっかくよいほうに向かっていた症状が逆戻りして、結果として、症状が悪くなってしまい、はじめからやり直しということがよくあります。逆に、外見上症状がなかなかよくならないと、自己判断で薬の量を増やしてしまい、結果として副作用を引き起こしてしまう人もいます。薬の作用を最大限に効率よく生かしながら副作用を防ぐには、薬を減らしたい場合も増やしたい場合も、必ず医師に相談することが欠かせません。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.