40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.2 大人のアトピー性皮膚炎の特徴
vol.3 アレルギー反応の理解
vol.4 皮膚のバリア機能
vol.5 アレルゲン以外のアレルギー反応
vol.6 気をつけなければならない合併症
vol.7 アトピーで皮膚科を受診するとき
vol.8 治療方針を知って薬を使い分ける
vol.9 ステロイド外用薬について
vol.10 ステロイドの副作用について
vol.11 タクロリムス軟膏とは
vol.12 脱ステロイド
vol.14 飲み薬は使い分けが大事
vol.15 スキンケア
vol.16 衣服、寝具の注意
vol.17 掃除と洗濯の仕方
vol.18 アトピー性皮膚炎と食事
vol.19 不眠対策
vol.20 かゆくなったらどうするか
vol.21 悪化要因のチェックリスト1
vol.22 悪化要因のチェックリスト2
vol.23 用語解説
vol.24 用語解説2
vol.25 アトピーに関するQ & A 1
vol.26 アトピーに関するQ & A 2
vol.27 私のアトピー日記
白色ワセリン
プロペト

保湿のポイント

皮膚科で処方する皮膚を保護する薬のいろいろ

■白色ワセリン
ワセリンはもともと、化粧品や軟こうの基剤としても使われています。刺激がなく、安定しているので、皮膚の保護や保湿に広く使われます。水をはじくので水仕事のときに、保護剤としても使われます。油分を含むため少しベタつく感じがして、なんとなく閉塞感をいだく人もいます。その分、保湿効果が高いようです。かぶれにくいので安心して使えますが、ジクジクした湿疹には向きません。
■アズレン(アズノール軟こう)
消炎剤を含むので軽い炎症にも有効です。薄い青色をしていますが、のばすと透明になります。基剤はワセリンなので、やはり少しベタつく感じがします。かぶれる場合もあり、その場合はワセリンに切り替えます。すり込むと刺激になるので、叩き込むようにしてつけます。
■尿素軟こう(ウレハール、ケラチナミン、パスタロンなど)
角質の水分量を増加させ、皮膚をなめらかに保湿し、乾燥した皮膚をしっとりとさせる作用があります。水仕事のあとなどにハンドクリームとして手軽に使えます。ひび割れやびらんがあるところは、しみるので使わないほうがよいでしょう。10%入りと20%入りがありますが、尿素の濃度が濃いほうがヒリヒリとしみます。
■ヘパリン類似物質含有軟こう(ヒルドイド)
血液の循環をよくして、かたくなったしこりをやわらげる目的があります。べ卜べトしないので使用感がよく、保湿効果も高いため、よく使われます。
■ザーネ軟こう
ビタミンA入りの歓こうでカサカサした皮膚に向いています。ワセリンではペタペタしすぎるとき、油焼けしそうなときに使います。ただし、ジタジクしているところに使うとしみます。
■亜鉛華単軟こう
古くから皮膚炎に使われた薬ですが、保湿効果が低いため、炎症の保護薬といったほうが
よいでしょう。ジクジクした傷のある湿疹に使います。保湿薬をつけた上から、この薬を使うこともあります。紫外線を通しにくい特徴がありますから、少し厚めに塗ると、手軽な日焼け止めとして使うこともできます。

市販の保湿クリームなども上手に活用する

保湿薬は、薬とはいえ、スキンケアの目的で常用すると、皮膚がしっとりとして傷つきににくくなります。長く使うものですから、目的によって使い分けるとともに、使用感も重視します。使ってみて、肌が適度にしっとりしてくるものがよく、自分にとって使い心地がよいものを使いましょう。たとえば、アズノールなどはべタベタして困るという人は、ザーネ軟こうやヒルドイドなどがよいでしょう。尿素軟こうは傷があるとヒリヒリします。白色ワセリンや尿素軟こう、ザーネ軟こうなどは、同様の効きめのものが薬局でも市販されています。また、その他にも保湿薬はさまざまなタイプのものが市販されています。薬が間に合わなくなったときには、薬剤師に相談して、そうしたものを使うのもひとつの方法です。ただし、医薬部外品としてスキンケア用に販売されているクリーム類は、手や全身に使いますが、顔などには使わないほうが安心です。保湿薬は一般的に副作用が少ないのですが、人によってかぶれることがあります。かゆくなったり、ヒリヒリが続いて赤く腫れたりした場合は、薬を中止して、医師の診察を受けましょう。クリームを塗る前には、必ず、前の薬を洗い落とします。もちろん汚れは洗い流してから塗るようにします。厚塗りをするとほこりなどがつきやすいので、薄くのばすようにしましょう。保湿薬をこまめに使う習慣が身につくと、かゆみもだんだん気にならなくなります。保湿薬を上手に使えるようになると、皮膚科への通院回数もかなり減らせるようになります。

塗り薬と保湿薬の正しいステップ

保湿

前の晩にぬった薬を完ぺきに落としてからでないと、次の薬をぬってはいけないと思って、ゴシゴシ洗い流してしまう人がいるのですが、これは間違いです。洗いすぎて、皮膚のバリア機能がますますこわれてしまいます。シャワーで軽く洗い流す程度で、軟膏や保湿薬をぬってもかまいません。ただし、メイクをしているときには、肌への刺激が少ない方法でメイクを落とし、洗顔をしてから次の薬をつけましょう。炎症がある部分には、主治医の指示にしたがって、ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏をぬりますが、炎症のない部分にも保湿薬をぬっておかなければいけません。ところが、実際にやってみると、これがなかなかむずかしい作業です。ステロイド外用薬は、炎症のある部分にだけスポット的につけてほしいのですが、保湿薬は皮膚全体に伸ばします。先にステロイド外用薬をつけてしまうと、保湿薬を伸ばすときにステロイド外用薬も一緒に広がって分散してしまいます。それを解決するためには、まず全体に保湿薬をぬり、それから炎症のある部分にといえるでしょう。ただし、炎症がとても強いときは、薬を少しでも皮膚に浸透させるために、まずステロイド外用薬、それから保湿薬、という順番をおすすめします。診察のときに、主治医に確かめておきましょう。その点、タクロリムス軟膏は全体にぬり伸ばしてもさしつかえない薬です。使い始めの独特の灼熱感を和らげる意味で、先に保湿薬をぬってから軟膏をつけることもできます。保湿薬には、薬局・薬店の店頭で販売される一般用医薬品と医療機関で処方される医療用医薬品とがあります。アトピーのスキンケアには、一般的に保湿薬が用いられます。症状が軽くなって調子のいいときやメイクの前には、保湿用化粧品を使って保湿をすることもできます。なお、コンタクトレンズを装用している人は、外用薬がついた指でレンズにさわらないようにしましょう。朝はレンズを入れてから治療とメイクをして、夜は入浴直後のスキンケア・タイムの前にレンズをはずすようこしてください。

保湿薬は、シャワーまたはゆっくり入浴した直後に

カサカサの皮膚に保湿薬をぬるよりも、入浴したすぐ後の、水分をたっぷり含んでいる皮膚のほうが保湿薬はより効果的です。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.