40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.2 大人のアトピー性皮膚炎の特徴
vol.3 アレルギー反応の理解
vol.4 皮膚のバリア機能
vol.5 アレルゲン以外のアレルギー反応
vol.6 気をつけなければならない合併症
vol.7 アトピーで皮膚科を受診するとき
vol.8 治療方針を知って薬を使い分ける
vol.9 ステロイド外用薬について
vol.10 ステロイドの副作用について
vol.11 タクロリムス軟膏とは
vol.12 脱ステロイド
vol.13 保湿のポイント
vol.15 スキンケア
vol.16 衣服、寝具の注意
vol.17 掃除と洗濯の仕方
vol.18 アトピー性皮膚炎と食事
vol.19 不眠対策
vol.20 かゆくなったらどうするか
vol.21 悪化要因のチェックリスト1
vol.22 悪化要因のチェックリスト2
vol.23 用語解説
vol.24 用語解説2
vol.25 アトピーに関するQ & A 1
vol.26 アトピーに関するQ & A 2
vol.27 私のアトピー日記
白虎加人参湯エキス顆粒(クラシエ)
サイセイン「コタロー」 180錠
当帰飲子エキス顆粒
ビタミンC(アスコルビン酸粉末原末)

飲み薬は使い分けが大事

抗アレルギー薬と抗ヒスタミン薬

飲み薬

アトピーの治療には、ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏などに加えて、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬の内服薬(飲み薬)が処方されるパターンが多いと思います。抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬は、鼻炎やじんましんなど、アトピー性皮膚炎以外のアレルギー疾患でも処方される薬ですが、アトピーの場合はかゆみを抑える目的で使われます。抗アレルギー薬は、かゆみを起こしにくくするさまざまな作用を持っているのに対して、抗ヒスタミン薬は今あるかゆみを抑える作用が主体です。現在は、抗ヒスタミン作用を持つ抗アレルギー薬が使われることが多くなっています。ただし、抗アレルギー薬には抗ヒスタミン薬と同様に、眠気を感じるという副作用があります。かゆみを抑える作用は高いけれど眠気も強いタイプと、効果はマイルドだけれど眠気の少ないタイプとがあり、使い分けますが、効果にはかなり個人差もあるので、主治医と相談してようすを見ながら自分に合うものを見つけてください。医師の説明不足で、「この薬はかゆみ止めです」と言われると、頭痛薬と同じようなものかと勘違いして、すぐに飲むのをやめてしまう人がいます。アトピーで処方される内服薬は、アレルギー症状を抑えてかゆみが起こりにくい状態にする薬です。その効果については判定がむずかしいのですが、かゆみをピタリと止めてしまうことはできないものの、やわらげる効果はあるので、勝手な判断で中止しないようにしましょう。また、花粉症による鼻炎や結膜炎、ぜんそく、じんましんなど、アトピー性皮膚炎以外のアレルギーの病気で耳鼻科や内科、眼科、アレルギー科などにかかるときには、必ずアトピーの治療で飲んでいる薬のことを話してから薬を処方してもらうようにしましょう。下記に、おもな内服薬の一覧表をのせておきました。

よく用いられる抗アレルギー薬の分類

抗ヒスタミン作用のあるもの
眠気が強いタイプ 薬物名 市販薬品名
塩酸アゼラスチン
塩酸オロバタジン
フマル酸ケトチフェン
塩酸セチリジン
オキサトミド
フマル酸エメダスチン
ベシル酸ベポタスチン
メキタジン
アゼプチン
アレロック
ザジテン
ジルテック
セルテクト
ダレン、レミカット
タリオン
ゼスラン
眠気が少ないタイプ エバスチン
塩酸エビナスチン
塩酸フェキソフェナジン
ロラタジン
エパステル
アレジオン
アレグラ
クラリチン
抗ヒスタミン作用のないもの トラニラスト
トシル酸スプラタスト
クロモグリク酸ナトリウム
リザベン
アイピーデイ
インタール

服用して20~30分でかゆみを抑える抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬は、炎症やかゆみにかかわるヒスタミンがH1受容体に結びつくのをブロックしようというもので、H1受容体括抗薬ともいいます。かゆいときには、外用薬とともに、抗ヒスタミン薬を飲むと、症状の悪化を防ぐのに役立ちます。服用して20~30分ほどで効いてきますが、眠くなる人が少なくありません。ただし、これには非常に個人差があり、全然眠くならない人もいます。かぜ薬で眠くなる人はどちらかというと眠くなるので、仕事を控えている朝などは飲まないで、車の運転も時間をあけてするのがよいでしょう。夜、ふとんに入るとかゆくなる人は、眠たくなる作用を利用して、夜は寝る前に服用を指示することもあります。

抗ヒスタミン作用をもち、二日一回の服用でよい抗アレルギー薬もある

抗アレルギー薬は、肥満細胞からヒスタミンをはじめとするさまざまな化学伝達物質が放出されるのを邪魔して、アレルギー反応を抑える作用があります。このため、アトピー素因の高めの人が服用すると効果かあります。抗アレルギー薬には、抗ヒスタミン作用をもつものと・もたないものがあります。抗ヒスタミン作用をもつものは、まず、かゆみ止めが効きはじめ、その後、アレルギー反応の抑制によって炎症などを起こしにくくします。アレルギー反応に対する効果は、半年から一年くらいかけて出てきます。抗ヒスタミン作用をもたない抗アレルギー薬は、塗り薬のかゆみ止めなどと併用して使うことがあります。どちらにしても抗アレルギー薬は、一定期間飲み続けることが必要です。そのうちにだんだんと、ひどい炎症やかゆみが起こりにくくなっていきます。最近は抗ヒスタミン作用をもつ抗アレルギー薬で、眠気を起こしにくいものも出てきています。また二日一回服用すればよいタイプもあり、仕事をもつ人にも使いやすくなっています。杭アレルギー薬は薬によってアレルギー反応を抑えるターゲットが異なるので、同じ薬が人によって効く場合と効かない場合があります。一般的には患者さんのふだんのようすを見て経験的に効きそうな薬を処方しますが、二~三か月試してみて変化がなければ、違う薬を試すこともよくあります。

ビタミン剤や漢方薬を補助的に使って効果を上げる

外用薬などを使っても、症状がなかなかよくならない場合、あるいは外用薬の効きめを高めたい場合などに、患者さんの状態を見ながら、ビタミン剤や漢方薬を補助的に処方することもあります。

■ビタミンC
湿疹のあとが色素沈着を起こして黒ずんでいるときなどに処方することがあります。
■ビタミンH
湿疹をかきこわしてしまったときに、表皮の回復力を高める目的で使って効果があります。
■ビタミンB2、B6
粘膜を強化する作用があり、くちびるのまわりのただれなどに使います。
■ビタミンE
かさつきがちな皮膚の改善に補助的に用いることがあります。

漢方薬で全身的に体調を整えながらバックアップ

自律神経系のバランスが乱れがちで、慢性的によくなったり悪くなったりをくり返すアトピー性皮膚炎は、漢方薬を補助的に使うと、だんだんと患者さんの体調が整っていき、アトピー性皮膚炎の症状がやわらいでいくことがあります。漢方薬は、患者さんの皮膚炎の状態と全身の体調などを総合的にみながら処方します。アトピー性皮膚炎の症状がおさまるとともに、便秘傾向が改善したり、疲れやすかった体質がよくなっていくこともあるようです。漢方薬は専門家に詳しくみてもらってから、自分の体質に合ったものを処方してもらうのがいちばんです。ここでは比較的、一般的な漢方薬をいくつか紹介しておきます。 大人のアトピー性皮膚炎に多い、顔が赤くほてりやすい症状で、乾燥も強い場合は、白虎加人参湯、治頭瘡一方、黄連解毒湯など、乾燥は中程度で部分的にジクジクしている場合は、柴胡清肝湯、消風散、加味逍遥散などを処方する例が多いようです。体力が低下している場合は、補中益気湯、五苓散などで補います。手足の冷えなどを伴う乾燥がちな皮膚には当帰飲子、さらにかゆみが強いときは温経湯などを使うことがあります。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.