40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.2 大人のアトピー性皮膚炎の特徴
vol.3 アレルギー反応の理解
vol.4 皮膚のバリア機能
vol.5 アレルゲン以外のアレルギー反応
vol.6 気をつけなければならない合併症
vol.7 アトピーで皮膚科を受診するとき
vol.8 治療方針を知って薬を使い分ける
vol.9 ステロイド外用薬について
vol.10 ステロイドの副作用について
vol.11 タクロリムス軟膏とは
vol.12 脱ステロイド
vol.13 保湿のポイント
vol.14 飲み薬は使い分けが大事
vol.15 スキンケア
vol.16 衣服、寝具の注意
vol.17 掃除と洗濯の仕方
vol.19 不眠対策
vol.20 かゆくなったらどうするか
vol.21 悪化要因のチェックリスト1
vol.22 悪化要因のチェックリスト2
vol.23 用語解説
vol.24 用語解説2
vol.25 アトピーに関するQ & A 1
vol.26 アトピーに関するQ & A 2
vol.27 私のアトピー日記
ビタミンC(アスコルビン酸粉末原末)
スカルプD 薬用スカルプシャンプー
APソフト薬用保湿ローション
アロエ軟膏 50g

アトピー性皮膚炎と食事

アトピー性皮膚炎で食べていけないものは

大人のアトビー性皮膚炎では食物をアレルゲンとして起こる例は少ないのですが、ときには、そばアレルギーのように下痢や嘔吐、ショックなどのはげしい症状が起こる例がないわけではありません。何か決まったものを食べると、かゆくなったり下痢をする等自己判断で対策を講じる前に主治医に相談してください。幼いときに食物アレルギーがあった場合、大人になってからも当時アレルゲンとなっていた食品を食べられないかといえばそうしたことはむしろ少ないのです。幼いころは腸管の免疫機構が確立していなかったために食物アレルギーを起こしたのですが、免疫機構は成長とともにでき上がってくるのがふつうです。通常は成長につれて、ほとんどのものが食べられるようになります。 血液検査でアレルゲン陽性と出た食品も、皮膚炎の原因になるとは限りません。皮膚炎を起こすかどうかを判断するには、食べてみて赤くなるなどの反応を調べることが必要です。 アトピー性皮膚炎は様々な要因が絡まって起こります。別の要因も総合的に検討し、必要と判断すれば食事療法を取り入れます。最近は子供の食物アレルギーでも、特別な場合を除いて極端な除去食は行わないのが一般的です。大人のアトピー性皮膚炎も同様です。

同じものを多量にとりすぎないことも大切

チョコレート

甘いものやチョコレートなどはかゆみを強くするといわれています。ただし少量を楽しむ場合はあまり神経質になる必要はないでしょう。納豆や山芋などヌルヌルしたものを食べると、かゆいという人もいます。また、さばなどを食べるとじんましんが出るという人もいます。どんな食べものでかゆみが出るかは、人によって異なります。また、そのときの体調によっても異なります。ほかの人がかゆくなった食品は自分も食べない、あるいは一度食べてかゆくなったものは、以後、一切、食べないというのではなく、体調がよいときに少量試してみて判断するのがよいでしょう。反対に、ごまやにんにくは皮膚の免疫力を高めるといわれますが、量を過ごして食べ続けると、かえってアレルギー反応を引き起こすことがあります。とうがらしなどのスパイス類も度を過ごさない程度にとっている問は問題はないのですが、とりすぎると、かゆくなる人がいます。自分の適量を知って楽しむことが必要です。

アトピー性皮膚炎に効く食事

ヨーグルト

ヨーグルトや発酵食品は、アレルギーの予防に有効?
アレルギー性の病気と食事の関係については、いろいろな研究がされていますが、まだ、自信をもって特定のものをすすめるまでにはなっていない、というのが実感です。アレルキーは免疫系の機構が過敏に反応したときに起こりますが、最近の研究では、この反応が腸内細菌と関係があるのではないかといわれているようです。腸内細菌のバランスを保ち、体によい影響を与える生きた微生物をプロバイオティクスといい、このプロバイオティクスには整腸作用とともに免疫調節作用があり、アレルギー性の病気の予防に役立つのではないかと注目されています。プロバイオティクスとしてあげられているのは乳酸菌のラクトバチルス菌、ビフィズス菌、納豆菌、酵母などで、これらはヨーグルトや乳酸菌飲料、納豆などに含まれています。これらの微生物が生きたまま大腸に到達して増殖したときに、その効果を発揮するといわれ、日本では一定の効果があるものに対して、「特定保健用食品」の表示が許可されています。外国の研究ではラクトバチルス菌を妊娠中の母親や乳幼児に投与したところ、アトヒー性皮膚炎が半減したという結果が報告されているそうです。

食物繊維は腸内細菌のバランスを保つ働きがある
腸内細菌のバランスを側面からよくするものとして、プレバイオティクスというものも注目されています。こちらは食物繊維やオリゴ糖などがあげられています。これらは胃や小腸で分解されずに大腸まで到達してから乳酸菌によって分解され、善玉菌のみを増やすことで、腸の調子を整えてアレルギーの予防や免疫強化につながるのではないかといわれています。食物繊維は便秘の予防や解消に役立ち、現代人に不足しがちな成分の一つです。野菜やくだもの、きのこ、海藻、いも、豆類、穀類などに多く含まれますが、通常、食物繊維を十分にとるには、主食の穀類のほかに野菜を一日350g、果物を100g、海藻やきのこ、豆類などを適宜とることがすすめられています。朝食を抜いたりインスタント食品が多くなると、食物繊維はどうしても不足がちになります。野菜ジュースなどはビタミン・ミネラルの補給になりますが、食物繊維に関しては補給源にはなりにくいのです。やはり形のある野菜をとることが大切です。オリゴ糖は清涼飲料水などに添加されているものがありますが、とりすぎると下痢を起こすことがあるので、量を過ごさないことが大切です。

青魚

脂肪は肉より青魚に含まれるものがおすすめ
アレルギーと食事の関係では、食べものに含まれる脂肪の種類も注目されています。肉に多く含まれる飽和脂肪酸はアレルギー症状と関係があり、青い背の魚に多く含まれるn-3系多価不飽和脂肪酸のEPAやDHAはアレルギー反応を起こしにくいのではないかといわれています。植物性油脂では、しそ油や、えごま油にもn-3系多価不飽和脂肪酸のα-リノレン酸が多く含まれています。また、こんぶやわかめに含まれるγ-リノレン酸もアレルギー病に有効ではないかといわれています。

野菜

野菜の多くは抗酸化作用もあり、免疫力を高める
体内に活性酸素が多くなると細胞の老化が進み、皮膚などがダメージを受けやすいこともわかってきました。活性酸素に対抗するには抗酸化物質をとるのがよく、カロテンやビタミンC・Eは有力な抗酸化物質であり、免疫力を高めるといわれています。ビタミンCは野某や果物に多く含まれますし、緑黄色野菜の多くはカロテンやビタミンC・Eを多く含んでいます。野菜は食物繊細やミネラルなども豊富なものが多いので、しっかりとりたい食品といえるでしょう。しその葉などもアレルギー性の病気に有効、という研究報告が出されています。

同じ食品だけ食べ続けることを避ける
このように見てくると、アトピー性皮膚炎によい食事とは、肉の脂肪などをとりすぎず、どちらかといえば、本来の日本食にヨーグルトなどをプラスしたバランスのよい食事こそがいちばんということになります。とくに現代人に不足しがちな野菜や穀類、きのこや海藻、豆類といった食品を意識してとるのがよいでしょう。ただし、アトピー体質がある場合、同じ食品を大量に食べすぎると、なんらかのきっかけでアレルギー反応が起こる可能性があります。どんなにからだによいと思われるものでも、そればかり食べ続けることだけは避けましょう。食物アレルギーの対策として、いろいろな種類の食品を日替わりで食べていき、同じものを続けない回転食という方法があります。同じものを食べ続けなければ、食物アレルギーは起こりにくいという考え方です。
一日に30種類の食品を目標に食品を選ぶと栄養のバランスがよくなるといわれますが、この方法は同じ食品をくり返して食べ続けないという意味で回転食と似た利点があります。一日30食品を達成するには、朝食を抜かないことが近道になります。一日三食をきちんととれば、一回あたり10種類の食品をとるのはそれほどむずかしくありません。食事はいろいろな栄養素をバランスよくとるのが基本です。とくに、皮膚が弱いアトピー性皮膚炎の人は、たんばく質やビタミン・ミネラル、適量の脂肪をとって皮膚を構成する細胞の質を高めることが大切です。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.