40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.3 アレルギー反応の理解
vol.4 皮膚のバリア機能
vol.5 アレルゲン以外のアレルギー反応
vol.6 気をつけなければならない合併症
vol.7 アトピーで皮膚科を受診するとき
vol.8 治療方針を知って薬を使い分ける
vol.9 ステロイド外用薬について
vol.10 ステロイドの副作用について
vol.11 タクロリムス軟膏とは
vol.12 脱ステロイド
vol.13 保湿のポイント
vol.14 飲み薬は使い分けが大事
vol.15 スキンケア
vol.16 衣服、寝具の注意
vol.17 掃除と洗濯の仕方
vol.18 アトピー性皮膚炎と食事
vol.19 不眠対策
vol.20 かゆくなったらどうするか
vol.21 悪化要因のチェックリスト1
vol.22 悪化要因のチェックリスト2
vol.23 用語解説
vol.24 用語解説2
vol.25 アトピーに関するQ & A 1
vol.26 アトピーに関するQ & A 2
vol.27 私のアトピー日記
白色ワセリン
「神仙太乙膏」21g
亜鉛華軟膏 50g

大人のアトピー性皮膚炎

大人のアトピー性皮膚炎の特徴は?

大人のアトピー性皮膚炎

赤ちゃんや幼児のアトピー性皮膚炎は、ジクジクした湿疹が中心ですが、年齢が高くなるにつれて乾燥した湿疹になる傾向があり、腕の関節の内側、ひざの関節の後ろの皮膚が厚く盛り上がってカサカサ、ゴワゴワした状態「苔癬化(たいせんか)」になるのが、大人のアトピー性皮膚炎の共通した特徴です。また大人の場合は、顔全体にひどい湿疹が出て、顔中が真っ赤になって皮膚が乾燥し、腫れて強いかゆみが生じることもあります。子供の場合も顔に出ますが、おもに頬が中心で、顔全体に広がるのは、むしろ大人の場合のほうが多いのです。大人がアトピー性皮膚炎にかかる場合は、幼い頃に経験し、いったんは治まっていたものが、何らかの引き金によって再発するケースと、大人になって初めて発症するケースがありますが、どちらにせよ、子供の頃に何らかのアレルギー疾患を経験していたり、家族の中に同じような症状の経験者がいるなど、もともとアレルギー体質の人がほとんどです。ただし、なぜ治まっていたものが再発するのか、あるいは潜伏していたものが、なぜ抵抗力のついた大人になってから発症するのか。このあたりの理由はまだよくわかっていません。このようにアトピー性皮膚炎は、年齢によって症状がマチマチであること。また、当初は単なる皮膚のトラブルとなかなか見分けがつけにくい面があります。

おとなのアトピー性皮膚炎が起こりやすい場所

顔(目のまわり、口のまわり、くちびる、耳たぶ、ほお、ひたいなど)
首のまわり~胸にかけての部分、
乳頭やその周り
ひじの内側、ひざの内側
手のひら、手指の腹側(★主婦湿疹との区別に注意)
おしり、外陰部
これらの場所に限らず、全身に出る場合もあります。

年齢別に見たアトピー性皮膚炎の特徴

乳児期(0~2歳)
・ジクジクした湿疹が、おもに顔や頭などに見られます。
・この時期には皮脂の分泌がさかんなため、アトピーではない赤ちゃんでも湿疹ができることが多いので、すぐに診断がつかないこともあります。
・以前は、食物アレルギーが原因とされ、離乳食が始まるときぴしい食事制限をすすめましたが、現在は成長をさまたげる害のほうが大きいので、ほとんど行われません。

幼・小児期(3~12歳)
・この時期の子どもは、実は高齢者とよく似た乾燥肌。アトピーの症状も、乳児期とは異なりカサカサしています。角質が乾燥して白いカス(鱗屑【りんせつ】と言います)が皮膚の表面についたり、かきこわし続けるとゴワゴワしてコケのように厚くなります。
・耳切れ(耳たぶの付け根が切れる)も見られます。
・ダニやハウスダストに対するアレルギーが主体になります。

思春期・成年期(13歳~)
・思春期にはホルモンの影響で皮脂の分泌がさかんになり、それまでの乾燥肌がしっとりするので、一時的にアトピーの症状が軽くなることもあります。
・しかし、受験や人間関係のストレスなどが加わったりすることで、重症化して治りにくくなる例も増えています。
・成年期以降になると、顔全体が赤くなったり、首に黒褐色のきざ波のような色素沈着が見られたりするようになります。
・腕や脚にしこりのようなブツブツ「結節性痒疹」(けっせつせいようしん)ができるなど、いわゆる「成人型のアトピー」になると、なかなか症状が改善しないことも多く、長いおつき合いになるので副作用に注意しながらじょうずに薬を使ってコントロールすることが大切です。

成人してから発症するのはなぜ?

子どものときから持ち越すタイプと、大人になってから発症するタイプがある
アトピー性皮膚炎の多くは、アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎、小児ぜんそくなどのアレルギー性の病気を起こしやすい、いわゆるアトピー素因をもっている人に起こります。大人のアトピー性皮膚炎は大きく分けて、二つのタイプがあります。ひとつは子どものころに発症し、よくなったり悪くなったりをくり返しながら大人まで持ち越すタイプです。もうひとつは、もともとアトピー素因がありながら、子どものうちに発症しないで、成長してから突然に発症するタイプです。その中間で、子どものころから多少の敏感肌があり、大人になるにつれて症状が出てくる人もいます。大人になってから突然出た人は、かぶれなどがきっかけになっている場合が多いですが、最初の皮膚炎をしっかり抑えることができないと、だんだん悪化して、よくなったり悪くなったりをくり返すことになります。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.