40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.2 大人のアトピー性皮膚炎の特徴
vol.3 アレルギー反応の理解
vol.4 皮膚のバリア機能
vol.5 アレルゲン以外のアレルギー反応
vol.6 気をつけなければならない合併症
vol.7 アトピーで皮膚科を受診するとき
vol.8 治療方針を知って薬を使い分ける
vol.9 ステロイド外用薬について
vol.10 ステロイドの副作用について
vol.11 タクロリムス軟膏とは
vol.12 脱ステロイド
vol.13 保湿のポイント
vol.14 飲み薬は使い分けが大事
vol.15 スキンケア
vol.16 衣服、寝具の注意
vol.17 掃除と洗濯の仕方
vol.18 アトピー性皮膚炎と食事
vol.19 不眠対策
vol.21 悪化要因のチェックリスト1
vol.22 悪化要因のチェックリスト2
vol.23 用語解説
vol.24 用語解説2
vol.25 アトピーに関するQ & A 1
vol.26 アトピーに関するQ & A 2
vol.27 私のアトピー日記
新レスタミンコーア軟膏
オイラックスA 30g
ダイアフラジンA軟膏 20g

かゆくなったら、どうするか

かゆいところを掻いてしまって悪化させることが多い

かゆい

アトピー性皮膚炎は、「かゆいこと」が大きな特徴です。赤くなったり、ブツブツした湿疹やジクジクした湿疹ができるのもつらいですが、かゆみはこうした症状が出る前からはじまっていて、掻かずにはいられないくらい、かゆいのです。はじめはポリポリとかいていますが、それだけではかゆみがとれず、叩いたりひっかいたりするようになります。エスカレートすると、ひっかいて傷を作り、そこがジタジクとした湿疹になり、かさぶたができるとさらにそれをかきこわし、血で衣類や寝具を汚してしまうこともあります。こうした状態をくり返すと、皮膚はかたく厚くなり(苔癖化)、ときにはケロイドのようになることもあります。長い間アトピー性皮膚炎の炎症で悩んでいる人では、皮膚が赤黒く色素沈着を起こしていたり、かたく厚くなっている人が少なくありません。その原因は、アレルギー反応により炎症が起こることもあるのですが、敏感でバリア機能の低下している皮膚が、刺激を受けて傷ついた結果であることも多いのです。

しかし掻いても皮膚はよくなっていく

ステロイドを外用していれば表皮の萎縮と湿潤により、保湿剤のみを外用していれば皮膚が湿っていることにより、皮膚は掻破で傷つきやすくなっている。脱ステロイドと脱保湿をしていれば、皮膚は乾燥に向かって掻破などの機械的攻撃に強くなっていき、掻破しても徐々に傷がつかなくなっていく。外用治療を中止すれば皮膚が強くなるということは、普通の発想からすればまったく理解しがたいことですが、多数例で確認された厳然たる事実。もちろん、掻かないで皮膚を傷つけなければ早くよくなる。掻けば傷が悪化するのは本人が一番よく知っている。痒い本人はもちろん痒みに耐えようと努力はしているが、ついには痒みに負けてしまう。周囲の人間はこの本人のどうしようもなくつらい気持ちを理解すべきでしょう。周囲の人間は患者がかいているときに「かくな」と言う代わりに、本人の努力の結果である皮疹のよくなってきている部分を発見しようと努め、皮疹の改善過程のどの段階に位置しているかを詳しく説明するようにすべき。医師も患者には掻いても必ずよくなっていくことを繰り返し告げ、よくなっているところを具体的に説明し、かいたことを悔やまないように励ますことが非常に重要でしょう。

布では掻かないこと

布

掻く場合には自分の指の腹でかくのが皮膚に一番優しい。指の腹でくためには爪をいつも短く切っておく必要がある。切り過ぎて痛みが出る直前までの短さがよい。そのためには週に2~3回爪を切る必要がある。爪を立ててかくと深い傷ができると思い、タオルやハンカチで掻く人がいる。しかし、不思議と布でかいたり擦ったりするとその傷は治りにくい。布で擦ると皮膚は一面に均等に削られることになる。爪で掻く場合は、深いところもあるが、まったく擦り取られない部分も残るという不均一な削られ方である。この違いが傷の治り方に影響しているようである。夜間に掻くことから皮膚を守るために手袋をする場合がある。これで傷がつきにくくなることもあるが、逆に均等に削られて傷がひどくなることもある。やってみなければわからないことであるが、2つの違う結果になることがあることは初めから知った上で、手袋は使用すべきでしょう。

かゆいときは冷たいおしぼりも有効

かゆみをしのぐひとつの方法としては、掻くことにかわる刺激を与えることが考えられます。冷たいおしぼりを当てたり、時間があれば、ぬるめのシャワーを浴びるとよいでしょう。とくにシャワーは、かゆみを引き起こしているほこりやダニなどを洗い流す意味でも有効です。かゆいところを洗い流してから、抗ヒスタミン作用のあるかゆみ止めを塗るのもよいでしょう。

気分転換でかゆみを忘れる方法も

かゆいという意識から気持ちを切り替えることも良い方法です。痒いなと感じたら、買い物に行く、散歩にいくなどで気を紛らわすのです。仕事や勉強がはかどらなくてイライラしてもかゆくなります。こうしたとさも、立ち上がってからだを動かすなど、気分転換をするとよいでしょう。実際にかゆいという気持ちにとらわれると、それだけでかゆくなり、そのうちにかゆくなくても自然に顔などに手がいき、こすっていることがあります。反対に自分の好きなことに集中しているときは、あまり掻いていないようです。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.