40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.2 大人のアトピー性皮膚炎の特徴
vol.3 アレルギー反応の理解
vol.4 皮膚のバリア機能
vol.5 アレルゲン以外のアレルギー反応
vol.6 気をつけなければならない合併症
vol.7 アトピーで皮膚科を受診するとき
vol.8 治療方針を知って薬を使い分ける
vol.9 ステロイド外用薬について
vol.10 ステロイドの副作用について
vol.11 タクロリムス軟膏とは
vol.12 脱ステロイド
vol.13 保湿のポイント
vol.14 飲み薬は使い分けが大事
vol.15 スキンケア
vol.16 衣服、寝具の注意
vol.17 掃除と洗濯の仕方
vol.18 アトピー性皮膚炎と食事
vol.19 不眠対策
vol.20 かゆくなったらどうするか
vol.22 悪化要因のチェックリスト2
vol.23 用語解説
vol.24 用語解説2
vol.25 アトピーに関するQ & A 1
vol.26 アトピーに関するQ & A 2
vol.27 私のアトピー日記
新ピフォニー軟膏 20g
ユースキンI
ポリベビー 50g
「神仙太乙膏」21g

アトピー性皮膚炎悪化あるいは改善遅延要因のチェックリスト1

アトピー性皮膚炎が悪化する要因や、皮疹の改善が遅れる要因は驚くほど多くある。アレルギー要因を考えるより、以下の要因を考えるほうがはるかに当たる確率が高い。要因の後の矢印(→)の後ろに書いてある内容は、対処方法や参考事項を示している。

1.全身に関係のあること

(1)心不全・腎不全・肝不全など大病がある→順に循環器内科、腎臓内科、消化器内科受診のこと
(2)感冒(かぜ引き)→かかった90%の人は悪化する。残り10%の人は高熱などで掻く元気もないために皮疹は改善する
(3)喘息(ぜんそく)→状態・程度によっては水分制限を緩和する必要あり。ステロイド吸入薬があるので注意が必要
(4)全身に影響がないといわれている喘息に対するステロイド吸入剤の使用・中止→呼吸器内科とよく話し合う
(5)アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎のために耳鼻科や眼科でステロイド入りの点眼薬や点鼻薬を使用したり中止したりする→ 眼科・耳鼻科受診時、脱ステロイド中であることを伝える。点鼻・点眼・吸入ステロイドでも皮膚は改善する
(6)「抗アレルギー剤」としてのセレスタミン内服中断→リンデロン(0.5mg/錠)というステロイドを半錠分含有している。内服ステロイドの維脱症状
(7)痔に対するステロイド入りの坐薬をときどき使用→ステロイド離脱症状が起こる
(8)月経(女性の生理、メンス)がない→半年ほど月経がないときに持続的悪化。ホルモン療法を行う
(9)月経→生理の時期に一致して周期的に悪化
(10)排卵→生理と生理の中間に周期的に悪化
(11)身長が伸びる→細胞増殖による悪化。栄養素の不足にならないように
(12)体重増加→細胞増殖による悪化。摂取カロリー制限が必要
(13)急激な体重減少→栄養状態悪化。皮疹が中症~重症時にダイエットは禁止
(14)食事量不足→太りたくないのでほとんど食べないことや、睡眠不足による食欲不振などが起こる。皮膚を治す材料が不足する
(15)偏った食事→栄養不良。バランスよく食べれば、甘いものや油っぽいものや間食もいいが、食べ過ぎはよくない。和食だからよいわけではない
(16)食べたら痒くなるものを多く食べる→冷凍食品やインスタント食品、ソフトドリンクには、防腐剤が多く含まれるので痒みを起しやすい。少量は良い
(17)知らない薬を飲む→何が起こるか分からない。サプリメントは知らない薬と同じ
(18)水分摂取過多→水分の取りすぎ。平均的大人では1日2,500ml必要。この量は食物中の水分を含む
(19)夕食以後翌朝までに水分を多く取る→横臥時(横になって寝ること)、顔や胸に水がたまりジクジクしやすい
(20)水分制限のしすぎ→入院以外では○○ml/日という制限はしない。口渇感に従うが、がぶ飲みをせず飲む回数を少し多くし、1回に飲む量を少し我慢する。尿は少し黄色いのがいい。透明の尿が出るときは水分過多
(21)夜にアルコールを多く飲む→水分過剰。アルコールで痒みを誘発
(22)漢方の水薬を多く飲む→水分過多
(23)漢方薬内服→効果なし。ナトリウム貯留することあり
(24)昼夜逆転→体の機能の変調
(25)家に閉じこもる→精神的肉体的落ち込み
(26)運動をしない→体力減退
(27)身の回りのことを自分でしようとしない→体力減退、不潔、積極性欠如
(28)急に激しい運動をする→乳酸がたまり皮膚に悪影響
(29)靡欄(びらん)面存在時のテオドール内服→血圧上昇で溶出液漏。必要性の判断が必要
(30)糜爛面のあるときの食事、運動など→血圧上昇で溶出液漏出。食事や連動をしてはいけないという意味ではない。アレルギーと思わないこと

2.環境に関係のあること

(1)高温→適度にクーラーをつける
(2)多湿→軽く乾燥させる。人工的な湿度の急激な変化は避ける
(3)乾燥→軽く加湿する。人工的な湿度の急激な変化は避ける
(4)非常に寒い日に外出した→軽いしもやけによる痒み。マスクやマフラーで保護
(5)急な日焼け→皮膚細胞が障害される。全周性のツバの付いた帽子を着用。傘使用
(6)軽い日焼け→痒みが生じる。全周性のツバの付いた帽子を着用。傘使用
(7)気温、湿度、気圧の急激な変動→対処方法なし
(8)1、2週間の間に気候が頻繁に変わる→対処方法なし
(9)暖房機から出る風に当る→乾燥、低温熱傷
(10)布団が分厚く、温もり過ぎ→薄い布団を重ねて温度の微調整。毎夜、気象情報を見る
(11)枕が大きく、首が覆われて乾燥しない→小型の枕
(12)食事時間が不規則→定刻に食べるようにする
(13)夜勤→できたら避ける。体調調整に努力する
(14)過労→疲労回復の工夫。無理をしない。効率よく仕事をする
(15)夜更かし→避ける
(16)徹夜→避ける
(17)犬猫やペットなどを屋内で飼っている→アレルギーのある人のみ問題、じんましんが起こっているかを確かめる
(18)退院による生活場所の変化→退院した人の約3分の2は退院後平均2週間をピークとして悪化する。さらに2週間で戻る。この経過を知り、医師なしで耐えること

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.