40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.2 大人のアトピー性皮膚炎の特徴
vol.3 アレルギー反応の理解
vol.4 皮膚のバリア機能
vol.5 アレルゲン以外のアレルギー反応
vol.6 気をつけなければならない合併症
vol.7 アトピーで皮膚科を受診するとき
vol.8 治療方針を知って薬を使い分ける
vol.9 ステロイド外用薬について
vol.10 ステロイドの副作用について
vol.11 タクロリムス軟膏とは
vol.12 脱ステロイド
vol.13 保湿のポイント
vol.14 飲み薬は使い分けが大事
vol.15 スキンケア
vol.16 衣服、寝具の注意
vol.17 掃除と洗濯の仕方
vol.18 アトピー性皮膚炎と食事
vol.19 不眠対策
vol.20 かゆくなったらどうするか
vol.21 悪化要因のチェックリスト1
vol.22 悪化要因のチェックリスト2
vol.24 用語解説2
vol.25 アトピーに関するQ & A 1
vol.26 アトピーに関するQ & A 2
vol.27 私のアトピー日記
白虎加人参湯エキス顆粒(クラシエ)
サイセイン「コタロー」 180錠
当帰飲子エキス顆粒

用語解説

【あ】

亜鉛華軟膏(あえんかなんこう):酸化亜鉛を含む油脂性の白い軟膏
アトピービジネス:アトピー性皮膚炎を食い物にしてえげつなく金を儲ける商売
網包帯(あみほうたい):ゴムで伸び縮みする筒状の包帯
ACTH(エーシーティーエッチ):副腎皮質刺激ホルモン。この刺激により、グルココルチコイドであるコーチゾールを副腎皮質より分泌させる
アトピー性皮膚炎(アトピーせいひふえん):乾燥した皮膚を持ち、肘や膝の内側に痒みの強い少し盛り上がった湿疹が生じる病気で、親から子に遺伝する傾向がある
アナフィラキシー:強いアレルギー反応で、嘔吐、下痢、血圧低下、呼吸困難などが起こる
アルドステロン:ナトリウムを貯留し、血圧を上げるように働くホルモン。ミネラルコルチコイドのこと
異汗性湿疹(いかんせいしっしん):指と指が接する部分に柴液性丘疹が起こる痒い病気
闇値(いきち):境界の値
萎縮(いしゆく):薄くなっていること
一次刺激性皮膚炎(いちじしげきせいひふえん):アレルギーでない単なる刺激による皮膚の炎症。アレルギーで起こるものをアレルギー性皮膚炎という
遺伝子発現レベルの調節(いでんしはつげんレベルのちょうせつ):細胞が蛋白質などの合成をするときに、その量を遺伝子が調節すること
インスリン:血糖値を調節するホルモン

【か】

外胚葉(がいはいよう):人の受精卵が何回か分裂したときの外側の細胞群で、将来皮膚などを構成する部分
解剖学(かいほうがく):生体の構造についての学問
覚醒中枢(かくせいちゅうすう):目覚めているように指示する脳の部分
角層(かくそう):皮膚の最外層で垢(あか)になる部分
貨幣状湿疹(かへいじょうしっしん):表面に小さなでこぼこのあるコイン大で少しドーム状のジクジクした湿疹
カポジ水痘様発疹症(カポジすいとうようほっしんしょう):単純ヘルペスが広範に広がったもの
顆粒細胞層(かりゅうさいはうそう):表皮の上層で角層の下
カルシノイド症候群(カルシノイドしょうこうぐん):偽の癌腫により消化器症状や皮膚症状が出る
偽アルドステロン症(ぎアルドステロンしょう):アルドステロンが過剰に産生されているのと同じ症状を示す状態。ナトリウムが増え、カリウムが減る
基底細胞層(きていさいぼうそう):表皮の最下層
急性副腎不全(きゅうせいふくじんふぜん):ステロイドホルモンが突然不足することによる全身的に危険な状態
経表皮水分漏出(けいひょうひすいぶんろうしゅつ):表皮を通して漏れ出る水分
血管透過性(けっかんとうかせい):血管から血液成分が漏れ出ること
倦怠(けんたい):体がだるいこと
抗原特異的(こうげんとくいてき):免疫を起こすある特定の物質に厳密に限定されているということ
高ナトリウム血症(こうナトリウムけっしょう):血液中のナトリウム濃度が高くなり精神神経症状を起こす病態
紅皮症(こうひしょう):全身の皮膚が赤い状態
抗利尿ホルモン(こうりにょうホルモン):尿として水分を排泄させないように働く下垂体後葉から出されるホルモンで、人ではアルギニン・バゾプレツシン(Arginine Vasopressin)のこと
コーチソール:副腎皮質ホルモンでグルココルチコイドのこと

【さ】

シクロスポリン:サンディミュンという化学名の内服免疫抑制剤で、腎臓移植などに使用する。ヘルパーT細胞の機能を特異的に抑制する
視床下部・下垂体・副腎系(ししょうかぶ・かすいたい・ふくじんけい):体のホルモンを調節する一連の働きをする内分泌系で、視床下部と下垂体は脳の中枢にあり、副腎は腎臓の上にある)
嗜癖(しへき):強い依存状態あるいは中毒状態
薬液性丘疹(しょうえきせいきゅうしん):頂上に小さな水痘を伴う5mm程度の盛り上がり
褥瘡(じょくそう):床ずれ
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん):皮脂が多く出されるために生じる皮膚の炎症
脂漏部位(しろうぷい):皮脂の多く出る部分で、眉間、鼻尖、鼻の横のシワ部分等を意味する
神経反射(しんけいはんしゃ):ある刺激に対して意識せずに特定の行動が起こること
尋常性乾癖(じんじょうせいかんせん):雲母のような痴皮をつける紅斑を主体とする皮膚病
尋常性座瘡(じんじょうせいざそう):ニキビ
浸透圧(しんとうあつ):濃度の薄い液体の水分が膜を通して濃い液体へ染み透る強さ
心不全(しんふぜん):心臓の機能が低下して、血液が全身に十分送れない状態
腎不全(じんふぜん):腎臓で血液の老廃物などを十分に排泄できず、それらが血液中に溜まる病気
睡眠中枢(すいみんちゅうすう):眠るように指示する脳の部分
ステロイド:副腎皮質から分泌されるホルモンで、糖代謝ホルモンのグルココルチコイドと鉱物代謝ホルモンのミネラルコルチコイドに大別される。グルココルチコイドは炎症や免疫を抑える作用があり、ミネラルコルチコイドは電解質のナトリウムを貯留させる働きがある。問題となっているホルモンはグルココルチコイドであるが、これにはミネラルコルチコイドの作用が少しある。ミネラルコルチコイドにはグルココルチコイドの作用が少しある。外用ステロイドのほとんどは、副腎皮質で作られるグルココルチコイドであるコーチゾールより遥かに強いホルモン作用がある。
スーパー抗原(スーパーこうげん):黄色ブドウ球菌が作る病原性毒素で、T細胞リンパ球が通常認識する特異的な抗原を認識し活性化する方法ではなく(この場合は活性化されるT細胞の数は少ない)、膨大な数のT細胞を活性化させる抗原をいう
生化学的代謝過程(せいかがくてきたいしゃかてい):生体内の化学分子が合成や分解を受ける過程
成人型アトピー性皮膚炎(せいじんがたアトピーせいひふえん):本来のアトピー性皮膚炎とステロイド依存性皮膚症を合併した病的状態で、必ずしも成人だけにあるのではなく、幼児にも起こりうる病的状態
成人期アトピー性皮膚炎(せいじんきアトピーせいひふえん):本来の(ステロイド使用経験のない)アトピー性皮膚炎が成人期に出ている状態
静水圧(せいすいあつ):水の重さだけの圧力
生物時計(せいぶつどけい):生物の細胞がいろいろな方法で時刻を知る能力
癰(せつ):おでき
掻破(そうは):掻くこと
掻破痕(そうはこん):掻き傷
掻痒(そうよう):痒みのこと

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.