40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.2 大人のアトピー性皮膚炎の特徴
vol.3 アレルギー反応の理解
vol.4 皮膚のバリア機能
vol.5 アレルゲン以外のアレルギー反応
vol.6 気をつけなければならない合併症
vol.7 アトピーで皮膚科を受診するとき
vol.8 治療方針を知って薬を使い分ける
vol.9 ステロイド外用薬について
vol.10 ステロイドの副作用について
vol.11 タクロリムス軟膏とは
vol.12 脱ステロイド
vol.13 保湿のポイント
vol.14 飲み薬は使い分けが大事
vol.15 スキンケア
vol.16 衣服、寝具の注意
vol.17 掃除と洗濯の仕方
vol.18 アトピー性皮膚炎と食事
vol.19 不眠対策
vol.20 かゆくなったらどうするか
vol.21 悪化要因のチェックリスト1
vol.22 悪化要因のチェックリスト2
vol.23 用語解説
vol.24 用語解説2
vol.26 アトピーに関するQ & A 2
vol.27 私のアトピー日記
日本漢方紫雲膏 30g

大人のアトピー性皮膚炎に関するQ & A 1

Q.アトピー性皮膚炎は治らない病気か?

A.アトピー性皮膚炎やぜんそく、じんましんなどのアレルギー性の病気は、「かぜ」や「骨折」のように、「治療しました、ハイ完治!」というわけにはいかないのです。正確に言うと、現段階の医学では、アトピー体質を変えたり、皮膚炎を100%完治させる薬は今のところありません。アレルギーというものは、忘れたころに形を変えて現れることもあり、私もそうですが、子どものころにアトピー性皮膚炎だったものが、すっかり治ったと思っていたら、おとなになってから手湿疹や花粉症という形で再発することもあるのです。ですが、治療法がないということではないのです。症状に合った薬をぬり、スキンケアを続ければ、皮膚の状態は改善し、かゆみも遠のいていきます。そのきれいな肌をキープすれば、アトピーでない人とまったく同じ生活ができるのです。つまり、それがアトピー治療のゴール。アトピーは症状が外見に現れてしまう病気です。特に、女性の場合は皮膚のトラブルは深刻です。治療をおこたって皮膚の状態が悪化してしまうと、他人の目が気になり、学校や職場に通うことが苦痛になるなど、社会生活に支障をきたすこともあるでしょう。かゆみのコントロールができないと、仕事や勉強にも集中できなくなります。

Q.アトピー性皮膚炎は遺伝するのか?

A.たしかに、アレルギー性の病気になりやすいアトピー素因、そして敏感な皮膚になりやすい素質は、ある程度遺伝する可能性があります。しかし、アトピー性皮膚炎を起こす原因には生活環境や生活習慣にかかわるものが非常に多いのです。アトピー性皮膚炎になりやすい素因をもって生まれても、必ずしも発症するとはかぎりません。遺伝的にいっても、両親がアトピー性皮膚炎でも、子どもにはまったく出ない例がたくさんあります。一卵性双生児でも、ふたりともアトピー性皮膚炎になる例は五割前後だそうです。また、将来、子どもにアトピー性皮膚炎が発症したとしても、正しい知識をもって上手に対処していけば、重症化することは、ほとんどないといってよいでしょう。いろいろ思い悩むと、症状がさらに悪化します。それよりも、おおらかな気持ちで、現在の症状を悪化させないことが大切です。

Q.ストレスでアトピーが悪化するのは本当か?

A.「皮膚は心を映す」と言われるくらい、精神的な状況が皮膚の症状に反映されることはめずらしくありません。どちらがどちらの原因になっているのかは、「鶏と卵」のようなものでしょう。特に対人関係のストレスは、皮膚の症状となって現れやすいようです。子どもでは、アトピーの背後に母親との関係や学校でのいじめの問題などが見えかくれしますが、おとなのアトピーでは、やはり職場の人間関係や仕事のプレッシャー、そして家族との関係、受験や進路に関する悩みなどがストレスとなって、皮膚炎を悪化させます。最近では、「就職してから急に悪くなって…」という例が増えています。女性の場合は、離婚問題や家庭内のトラブルで悪化するケースもあります。皮膚がきれいになると、心の問題もいい方向に向かうことが多いです。それに、ストレスの原因を患者さん本人が自覚していたとしても、それを排除できないことのほうが普通です。悪化するたびに職場や家族を替えるわけにはいかないでしょう。ストレスともアトピーともうまくつき合いながら、少しずつ気持ちが楽になる方法を見つけるために、最近では、精神科や心療内科との連携プレーで、皮膚疾患と患者さんの心の悩みを同時に解決しているそうです。ストレスの解消、と言ってもむずかしいのですが、アトピー治療の外用薬(ぬり薬)をぬるときに、「手でかくのをやめたら、とってもよくなった」「顔のジクジクが治まったら、思いっきりハデにメイクしよう!」など、ポジティブなイメージを描くだけでも効果があると言います。

Q.ステロイド薬は皮膚を黒くする?

A.ステロイドは確かに副作用が出ることのある薬ですが、アトピー治療に用いられる外用薬(ぬり薬)で全身的な副作用が出ることはごくまれであり、正しく使えば安全な薬です。確かに皮膚が黒くなることがありますが、これは使い方のまちがいによるものがほとんどです。ぬる量が少なかったり、ぬったりやめたりしていると炎症が治まらず、いったん火が消えたように見えても焚き火がブスブスくすぶっているような状態が続きます。その状態を続けているから皮膚が厚ぼったくなり、黒くなってしまうのです。ただし、ステロイド外用薬で正しく治療した後にも、黒くなることはあります。それは、急激に日焼けをするとはじめは赤くなり、炎症が治まった後に皮膚がうっすら黒くなるのと同じことで、時間がたてば自然にさめるものです。むしろ、ステロイド外用薬を長く使っていると、皮膚が薄くなってしまうことはありますが、黒くなることはありません。そのときの対処法のほうが問題になるのです。そうならないために、少しずつ弱い薬に替えたり、回数を減らしたりしながら、皮膚をいい状態に持っていくのです。

Q.ステロイド薬を塗っても効かないときは?

A.ステロイド薬には作用の強さにランクがあります。症状に合ったものでないと、よい効果が得られません。かかりつけの皮膚科で診断を受けてから、どの程度の薬をつけたらよいのかを指示してもらいましょう。薬が合っていても塗り方が適切でないと、かえって症状が悪化することがあ。ます。患部を洗ってきれいにしてから、スーッとのはすように塗ってください。ゴシゴシすり込むと、皮膚を刺激してかぶれることがあります。衣服に石けん分が残っていたり、髪の毛が皮膚を刺激していても首まわりなどに湿疹ができることがあります。薬が効かないときは症状を悪化させるものが身のまわりにないかどうか、チェックすることも必要です。ステロイド薬はつねに副作用を還して、適切な使い方をしなければなりません。強い薬に変える場合は、その前に以上のようなことを再検討しましょう。また、薬は自己判断で加減せず、医師の指示どおりに使いましょう。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.