40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.2 大人のアトピー性皮膚炎の特徴
vol.3 アレルギー反応の理解
vol.4 皮膚のバリア機能
vol.5 アレルゲン以外のアレルギー反応
vol.6 気をつけなければならない合併症
vol.7 アトピーで皮膚科を受診するとき
vol.8 治療方針を知って薬を使い分ける
vol.9 ステロイド外用薬について
vol.10 ステロイドの副作用について
vol.11 タクロリムス軟膏とは
vol.12 脱ステロイド
vol.13 保湿のポイント
vol.14 飲み薬は使い分けが大事
vol.15 スキンケア
vol.16 衣服、寝具の注意
vol.17 掃除と洗濯の仕方
vol.18 アトピー性皮膚炎と食事
vol.19 不眠対策
vol.20 かゆくなったらどうするか
vol.21 悪化要因のチェックリスト1
vol.22 悪化要因のチェックリスト2
vol.23 用語解説
vol.24 用語解説2
vol.25 アトピーに関するQ & A 1
vol.27 私のアトピー日記

大人のアトピー性皮膚炎に関するQ & A 2

Q.市販の薬を使うときの注意は?

A.症状がすっかり落ち着き、保湿薬だけでコントロールできる状態なら、皮膚科で処方する薬と同じようなタイプの保湿薬を買って、スキンケアをしてもよいでしょう。白色ワセリン、尿素入り軟こう、ザーネ軟こうなどは、ほぼ同様のものを薬局で購入できます。薬局では、かゆみ止めとか、いろいろな抗炎症薬も売られています。そのなかには、ステロイドを配合したものもあります。ステロイド入りの薬はよく効きますが、症状に合わせて適切な強さのものを適量使わないと、副作用が出る心配があります。ステロイド薬は必ず医師の管理のもとで使い、市販薬はステロイド薬が入っていないものを選びます。ただし、炎症がある程度悪くなっている場合は、非ステロイド抗炎症薬ではよくならない例がずいぶんあります。なんとか都合をつけて医師の診察を受けてください。お店の近所の皮膚科医にみてもらうといった方法も考えてみましょう。診察を受けられない事情が続く場場合は、どうしたらよいか、主治医に相談しましょう。

Q.アトピーの人が化粧をして良いか?

A.今までは「アトピーの人はお化粧はNG!」という考え方が主流でしたが、お化粧することには、大きなメリットがあります。アトピーは外見に症状が出てしまう病気です。特に女性は、肌にコンプレックスがあったら、気持ちにも大きく影響します。症状がコントロールできているときは、ぜひ、お化粧をしましょう。ただし、使う化粧品は、安全で敏感肌に配慮したものを選んでください。そして、その日のあなたの症状に合わせて、「フルメイクOK」~「ポイントメイクだけ」と、賢く使い分けてください。皮膚のバリア機能を重視した保湿ケアをして、そのうえにお化粧をすることは何の問題もありません。正しい治療をして、ぜひ、お化粧ののりがよくなるようなコンディションに持っていきましょう。

Q.アトピーの人は日焼けしてもOK?

A.日差しを浴びるとアトピーの症状がよくなることがあります。これは古くから知られていることです。このことを利用して、人口光線を照射する「光線療法」という治療法もあるくらいです。太陽の光には2種類の紫外線が含まれています。このうち「中波長紫外線.(UVB)」のほうを浴びすぎると、皮膚はやけど状態になってしまいます。もういっほうの「長波長紫外線(UVA)」はマイルドな紫外線で、長時間浴びるとシワなどの原因になります。しかし、どちらも皮膚のアレルギー反応を抑える効果もあることがわかってきて、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患の治療に使われるようになりました。曇っていると、中波長紫外線は3~4割が雲にさえぎられて地面まで届かなくなるので気分転換のためにも積極的に外出しましょう。ただし、日差しの強い正午前後はさけてください。また、ガラスごしの日光浴も気持ちのいいものです。日光浴や光線療法にも、いくつかの問題点があります。まず、炎症が起きている皮膚に紫外線が当たると色素沈着を起こす場合があること、そして近年、世界的に問題となっている皮膚がんの可能性も、無視するわけにはいきません。
さて、いくらアトピーに効果があると言っても、紫外線を浴びることはシミやソバカス、シワの原因になります。これらを防ぐためには、やはり日焼け対策が必要です。日焼け止め剤はふだんのメイク下地に使えるもの、日差しの強い日の外出やスポーツ用、首筋や脱にたっぷり使えるボディ用と、3種類くらいあると安心です。焼け止めに含まれる「紫外線吸収剤」などが肌に合わず、アトピーが悪化することもあるので、敏感肌に配慮したものを選んでください。

Q.温泉はアトピーに効きますか?

A.日本人の温泉好きは有名です。江戸時代には、東海道などの街道が整備されて庶民の旅行熱が高まってくると、各地で湯治ブームが始まりました。将軍のために、江戸城まで温泉の揚が運ばれるほどで、温泉は身分を問わず、老若男女の楽しみだったのです。古くから伝わる温泉の効用はさまざまですが、梅毒や中風、冷え性、不妊などに効くと言われ、特に皮膚病などの慢性疾患には温泉にはいることがメインの治療法のひとつとされていました。ただ、江戸時代の皮膚病の多くは「疹癖(かいせん)」というダニの寄生によるものでした。皮膚病の種類も今とはかなり異なっていたのです。今また、温泉ブームが再燃しています。日常を離れたところでストレスを忘れてゆっくりとお湯につかり、汗を流し、からだを内側から温めるリラックス効果は何にも代えがたいものでしょう。私は、温泉の効用そのものを否定しようとは思っていません。リラックス効果やストレス解消効果、また、環境が変わってアトピーの悪化要因から離れるという意味もあって、結果的にアトピーがよくなることはあると思います。
でも、それは「温泉がアトピーを治す」ということとは意味が違います。温泉の種類によっては、アトピーを悪化させてしまう場合もあるので注意が必要です。特に、硫黄泉に含まれる硫黄の成分は、皮膚を乾燥させてしまうので、入浴後にガサガサになってしまいます。乾燥肌体質のアトピーには、あまりよくないのです。ニキビができやすいアトピーの患者さんは、硫黄の温泉に入り、入浴後にスキンケアをしたらよいかもしれません。特に、強い温泉は皮膚のバリアをこわしてしまうことも考えられます。熱いお湯に長くつかることでからだが温まり、かゆみが増すこともあるでしょう。温泉の効果は、あくまでもリラックス効果がメインだと思います。自宅でできる「温泉療法」や「探層水」「アルカリイオン水」による民間療法なども色々ありますが、同じ考え方で判断できると思います。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.