40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.2 大人のアトピー性皮膚炎の特徴
vol.3 アレルギー反応の理解
vol.5 アレルゲン以外のアレルギー反応
vol.6 気をつけなければならない合併症
vol.7 アトピーで皮膚科を受診するとき
vol.8 治療方針を知って薬を使い分ける
vol.9 ステロイド外用薬について
vol.10 ステロイドの副作用について
vol.11 タクロリムス軟膏とは
vol.12 脱ステロイド
vol.13 保湿のポイント
vol.14 飲み薬は使い分けが大事
vol.15 スキンケア
vol.16 衣服、寝具の注意
vol.17 掃除と洗濯の仕方
vol.18 アトピー性皮膚炎と食事
vol.19 不眠対策
vol.20 かゆくなったらどうするか
vol.21 悪化要因のチェックリスト1
vol.22 悪化要因のチェックリスト2
vol.23 用語解説
vol.24 用語解説2
vol.25 アトピーに関するQ & A 1
vol.26 アトピーに関するQ & A 2
vol.27 私のアトピー日記
ユースキンI
ケラチナミン 乳状液20 200g
オイラックスA 30g

皮膚のバリア機能

アトピーが痒いのは何故

アトピーの痒み

アトピーの大きな特徴は強い「かゆみ」です。日本皮膚科学会でつくった診断基準でも、まず「かゆみがあること」が、アトピー性皮膚炎の診断の第一条件になっています。このかゆみは、体内の「ヒスタミン」という化学物質や、血液のなかの好酸球やリンパ球という白血球が関わって起きていることがわかってきました。そこで、それらの働きをおさえるために、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などの内服薬(飲み薬)が処方されるのです。皮膚そのものの炎症を抑えてかゆみを防ぐためは、ステロイド外用薬(ぬり薬)やタクロリムス軟膏が用いられます。アトピーのかゆみは、最初は狭い範囲のごく軽いものだったのが、指や爪でひっかいてしまうことによってどんどん広がり、皮膚のバリア機能をこわして悪循環におちいります。バリア機能がこわれて無防備になった皮膚の表面からは、ダニやカビ、花粉、紫外線、洗剤など異物の刺激がどんどん入りこみ、ますますかゆみが増します。かけばかくほど皮膚の炎症が広がり、かゆくなるばかりです。つまり、かゆみ対策=治療なのです。症状が急に悪化したときなどは、かゆみをコントロールできず、かきまくって皮膚の炎症をますますひどくしてしまう時期があります。そこに精神的ストレスも関わって、かくことがクセになってしまうことがアトピーの大きな問題です。皮膚の下にあるかゆみを感じる神経は、驚いたことに刺激を与えなければ伸びていきませんが、かいてしまうとどんどん細い枝が伸びて、もっとかゆみを感じよう!とするのです。アトピーの悪循環はすごろくのように進行していきます。ごく早い時期なら、スキンケアだけでかゆみが治まります。少し進んでいたら、スキンケアに加えて薬による治療をすれば、悪循環を断ち切ることができます。このメカニズムをいつも忘れず、後戻りするサイコロの目が出るように治療を続けてほしいと思います。

敏感な肌がトラブルの原因に

アトピー性皮膚炎の人の皮膚には、体質的な特徴があるといわれています。それはひとことでいえば、敏感肌です。刺激から皮膚を保護するバリア機能が低くなっているために、いろいろなトラブルが起こりやすいのです。この皮膚の特徴がわかると、皮膚を守るためにどんな手入れが必要か、どんな注意が必要かがわかっていただけると思います。皮膚は、外側から角層、表皮、真皮の順で層をなしています。皮膚を保護するバリア機能をもっているのは、このうちの角層です。角層では、「天然保湿因子」というアミノ酸や尿素を含む平らな角質細胞が折り重なった状態になっています。この角質細胞と角質細胞をつなぎ合わせでいるのは、「角質細胞間物質」というリン脂質で、そのうちの半分程度を占めるのがセラミドという脂質です。アトピー性皮膚炎の人ではこのセラミドが、一般の人よりも少ないという報告があります。そのため、内部の水分を逃がしやすく、乾燥しやすいので外部からの異物の侵入をたやすくしてしまうのです。セラミドなど「角質細胞間物質」が少ないと角層の配置も乱れ、皮膚表面にこまか凹凸ができ、鳥肌のようにざらつきがちになります。表面がざらざらとした皮膚はまさつに弱く、汗や汚れなどもたまりやすくなります。

皮脂膜も薄くなっている

さらに、角層の表面は、毛穴の中の皮脂腺から分泌された皮脂によっておおわれています。その成分は、中性脂肪やコレステロール、スクワレン、リン脂質などで構成されていて、皮膚の表面を保護し、水分の蒸発を防ぐ役割があります。ところが、アトビー性皮膚炎の皮膚では、この皮脂の分泌も少ないため、皮脂膜が薄くなっているのです。

バリア機能が弱いため、乾燥しやすく刺激を受けやすい

以上をまとめると、アトピー性皮膚炎の人の皮膚では、
①角質細胞同士をつなげる角質細胞間物質が少なくなっている
②皮膚の表面をおおう皮脂膜が薄くなっている
この二つにより、皮膚のバリア機能が低下しているということがわかります。
そのために、皮膚は乾燥しやすく、かゆくなりやすいのです。また、皮膚を保護する機能が低く刺激に弱くなっているため、汗やほこりやまさつ、あるいは化粧品などに含まれる成分によっても、炎症を起こしやすいのです。さらに、アレルゲンの侵入を許しやすく、アレルギー反応も起こしやすくなっているのでしょう。ザラザラでバリア機能が低下していると、細菌も感染しやすくなります。暖かい温度にも敏感に反応しがちです。乾燥がちで敏感、バリア機能が低下した皮膚とアトピーの素因はお互いに影響し合って、さまざまな皮膚のトラブルを起こします。これが現在考えられているアトピー性皮膚炎の実体です。この状態が慢性化すると、皮膚の表面にかゆいドームのようなしこりができたり、皮膚そのものが厚くかたくなっていきます。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.