40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.2 大人のアトピー性皮膚炎の特徴
vol.3 アレルギー反応の理解
vol.4 皮膚のバリア機能
vol.5 アレルゲン以外のアレルギー反応
vol.7 アトピーで皮膚科を受診するとき
vol.8 治療方針を知って薬を使い分ける
vol.9 ステロイド外用薬について
vol.10 ステロイドの副作用について
vol.11 タクロリムス軟膏とは
vol.12 脱ステロイド
vol.13 保湿のポイント
vol.14 飲み薬は使い分けが大事
vol.15 スキンケア
vol.16 衣服、寝具の注意
vol.17 掃除と洗濯の仕方
vol.18 アトピー性皮膚炎と食事
vol.19 不眠対策
vol.20 かゆくなったらどうするか
vol.21 悪化要因のチェックリスト1
vol.22 悪化要因のチェックリスト2
vol.23 用語解説
vol.24 用語解説2
vol.25 アトピーに関するQ & A 1
vol.26 アトピーに関するQ & A 2
vol.27 私のアトピー日記
日本漢方紫雲膏 30g
ポリベビー 50g
新ピフォニー軟膏 20g

気をつけなければならない合併症とは?

感染症などを起こしやすくなります

ニキビ

アトピーの患者さんにとって、注意しなければならないいくつかの合併症についてお話ししておきましょう。バリア機能が低下しているアトピーの患者さんの皮膚は、さまざまなウイルスや細菌に対して無防備で、感染を起こしやすい状態です。そのうえ、アトピーの特徴は「かゆい」こと。常に手や爪で湿疹のある部分をかいていると、自分で菌やウイルスを皮膚に植えつけ、増やしてしまうことになります。

●水いぼ(伝染性軟属腫)
子どもに多い合併症です。中央が少し凹んだ直径数ミリのドーム型のポツポツが、皮膚に散らばるようにいくつもできます。おもにプールなどで、ウイルスによって感染します。爪でひっかくとますます増えてしまいます。現在でも有効な治療薬がないため、ピンセットでひとつずつつぶすか、自然治癒をするまでスキンケアをしながらようすを見ます。
●とびひ(伝染性膿痴疹)
ブドウ球菌やレンサ球菌などの細菌の毒素によって起こります。小さな水ぶくれ(水痘)がたくさんできて、破れて汁がついたところに「飛び火」するように広がります。範囲が狭ければぬり薬などで治りますが、広がってしまった場合は抗生物質を服用します。これも子どもに多く見られる合併症で、おとなではまれです。
●力ポジ水痘様発疹症
単純ヘルペスウイルスが皮膚に感染して起こります。広い範囲に直径2ミリほどの小さな水ぶくれができて、徐々に広がり、かさぶたになっていきます。顔や首などに多く見られますが、からだや腕などにもできます。38℃以上の高熱が出たり、リンパ腺が腫れたりすることもあり、初期なら抗ウイルス薬を内服して安静にすれば治りますが、重症になると入院して点滴治療が必要になります。
●二キピ
合併症というべきではないかもしれませんが、意外に多いものです。ニキビが悪化してしまうと、アトピーの治療がしにくくなるので、予防が肝心です。ニキビができやすい思春期の患者さんは、特に注意しましょう。
●接触皮膚炎
ぬり薬や消毒薬などに、皮膚がアレルギー反応を起こすことがあります。特に問題となっているのは、非ステロイド系のぬり薬(一般名ではアンダームがもっとも有名)による接触皮膚炎です。診断がつけば、その薬を停止すればいいのですが、長期にわたって使っていて急に症状が出ることもあり、アトピーの悪化とかんちがいすることも少なくありません。パッチテストをすれば、すぐにこれが原因だとわかります。

目のまわりの湿疹から白内障、網膜剥離を合併することもある

眼科医

目のまわりの湿疹をくり返すと、まれに網膜隔離や白内障など重症の目の合併症を起こすことがあります。目のまわりがかゆくても、こすったりかいたりしないこと。目のまわりの湿疹が続いたり、くり返す場合は、定期的に眼科の診察を受け、重大な合併症が起こっていないかチェックすることが必要です。

●網膜剥離
最近、増えつつあるようです。本来は強度の近視があったりボクサーなどが外傷を負うことで起こるものです。アトピー性皮膚炎では、網膜自体が弱いことと、かゆいためにこすったり叩いたりする物理的な刺激の両方が原因ではないかと考えられています。視力が落ちたり見えにくくなった、あるいは飛蚊症(ひぷん)といって目の前に黒いものや紐のようなものが飛んで見えたり、逆光になるとまぶしい場合は早めに眼科の診察を受けましょう。飛蚊症は正常な場合でも起こることがありますが、網膜剥離の前ぶれのこともあるので定期的に検査を受けることが必要です。

●白内障
本来は老化に伴って起こりますが、アトピー性皮膚炎では、10歳代の後半から20歳代
が発症のピークになっています。かゆいので目のあたりをこすったり、叩いたりすることが原因ではないかといわれます。アトピー素因が強い人に発症しやすいとの説もあります。

●円錐角膜、眼瞼炎、角結膜炎
円錐角膜は角膜の中央部がだんだんと薄くなり、円錐状に突出してきます。ほかの病気でも合併することがあります。眼瞼炎はまぶたにアトピー性皮膚炎ができます。進行して厚くかたくなると、まぶたが閉じにくくなり、アレルゲンや病原体が侵入しやすくなり、角膜炎や結膜炎を引き起こすことがあります。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.