40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.2 大人のアトピー性皮膚炎の特徴
vol.3 アレルギー反応の理解
vol.4 皮膚のバリア機能
vol.5 アレルゲン以外のアレルギー反応
vol.6 気をつけなければならない合併症
vol.8 治療方針を知って薬を使い分ける
vol.9 ステロイド外用薬について
vol.10 ステロイドの副作用について
vol.11 タクロリムス軟膏とは
vol.12 脱ステロイド
vol.13 保湿のポイント
vol.14 飲み薬は使い分けが大事
vol.15 スキンケア
vol.16 衣服、寝具の注意
vol.17 掃除と洗濯の仕方
vol.18 アトピー性皮膚炎と食事
vol.19 不眠対策
vol.20 かゆくなったらどうするか
vol.21 悪化要因のチェックリスト1
vol.22 悪化要因のチェックリスト2
vol.23 用語解説
vol.24 用語解説2
vol.25 アトピーに関するQ & A 1
vol.26 アトピーに関するQ & A 2
vol.27 私のアトピー日記
「神仙太乙膏」21g
亜鉛華軟膏 50g
アロエ軟膏 50g

アトピーで皮膚科を受診するとき

大切な問診と基本的な検査

問診

アトピーで(アトピーのような症状で)病院にかかるときには、大きな病院の「皮膚科」または個人で開業している「皮膚科クリニック」を受診します。アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患ですから「アレルギー科」でもいいのですが、やはりメインが皮膚症状である場合は、皮膚科の専門医に相談してほしいと思います。なぜなら、アトピーの診断は筒単なようでむずかしく、アトピーとまざらわしい湿疹やその他の皮膚の病気を見分けるためには、それなりの知識と経験が必要だからです。特にアレルギー科に関しては、主にぜんそくを専門に診ている医師もいるので、かかる前に問い合わせて確認するといいでしょう。さて、皮膚科の診察では、当然のことですが皮膚の状態を診察します。少なくとも初診のときは、お化粧を落としていって素肌を見せなければ意味がありません。脚や腕、首などの皮膚も手早く見せられるように、ストッキングは脱いでおく、袖がまくりやすく前あきの服にする、などの準備をしておけば、その場であわてなくてすみます。自分のアトピー歴について、膨大な分析レポートを書いてきて見せてくださる患者さんもいるそうです。しかし、すべての情報を医師に知らせる必要はないのです。かえって、患者さん本人は気づいていないような、以前から使っているスキンケアグッズ、あるいは消毒薬などが皮膚炎の悪化要因になっている場合もあります。過去の治療歴はもっとも重要な情報です。それがわからないと、今の皮膚の状況が効いていないのか、適切な治療がされていないのかが判断できません。

おとなのアトピーの場合、「治らない」「通いきれない」「今の治療でいいか迷っている」という状況におちいった治療歴のある患者さんがたくさんいます。セカンドオピニオンが当たり前の時代ですから、治療歴を隠す必要はありません。特に、今まで使っていた薬については、どの程度の薬をどのくらいの量、どのくらいの期間にわたって使っていたかをくわしく聞かせましょう。おとなの場合、治療歴を聞き、今現在の皮膚の状況を診れば、ほぼ治療方針が決まります。明らかに特定の食べものでじんましんが出るような場合は参考にしますが、子どものアトピーでさえ食事が強く関与していることはそれほど多くないので、まず薬で治療しながらふだん通りの生活をしてもらってようすを見ます。病院によっては、医師の診察の後、看護師さんにバトンタッチしてぬり薬の使い方の指導を行うところも多いと思います。これを「外用指導」と言うのですが、実はこれがとても大切です。いくら言葉でていねいに「このくらいの量をとって」「すりこまないで軽く伸ばす」などと説明されても、完全に正しく理解することはむずかしいものです。実際に自分の皮膚に薬をぬってもらいながら説明を受ければ、家に帰って自分でぬるときも困らないでしょう。また、診察のときに聞きそびれたことを、看護師さんに質問してみてもいいと思います。

問診

問診

アトピー性皮膚炎は、それぞれの方の生活の中から生まれてくる病気です。発症の根っこは、必ず日々の生活の中に目に見えないかたちで隠れているものです。いつ頃から、どのような症状が起こってきたのか。家族にアレルギーの病気にかかった人がいるかどうか‥住んでいるのはどんな環境であるか、ふだんの食生活の内容は?既往症の有無は?アトピー性皮膚炎と診断されて病院に通ったことがあるとすれば、どのような検査や治療を受けてきたか?…等々、とにかく事細かに様々な点を医師にお話しましょう。

一般検査

①尿検査
アトピー性皮膚炎かどうかを判断する前に、基本的な体調をチェックするために必要に応じて行います。子供の場合、腎機能の低下によっても湿疹が出ることがあるからです。ただし、乳児の場合は、省略することが多いです。
②血液検査
末梢血好酸球検査といって、白血球の一種である好酸球が増加しているかどうかをチェックします。アトピー性皮膚炎の患者さんの場合、およそ3分の2の確率で血液中の好酸球が増加しているのが認められるからです。症状が重くなるほどこの傾向は強くなります。
③血清IgE濃度検査
これは必ず行う検査です。血清(血液を遠心分離器にかけた時、上澄みにできる透明な液体)の中に含まれるIgEの総量を測定します。Ig(免疫プロプリン)とは、体内の免疫をつかさどる血液中のリンパ球(白血球細胞)で作られる『蛋白質』のこと。IgG、IgM、IgA、IgD、IgEの5種類があり、特にIgEがアレルギーとの関わりが深いとされています。患者さんの約8割にIgE量の増加が認められ、重症になるほどその値は高いです。
④アレルゲン特異的IgE抗体検査
アトピー性皮膚炎にかぎらず、アレルギー性疾患というのは、食品、花粉、ダニ、カビなどさまざまな原因によって引き起こされます。その原因物質のことを『アレルゲン』といいます。これは、ある特定のアレルゲンに対して、特に結びつくIgE抗体が血液中に作られていないかどうかの検査です。患者さんの血清をいくつかのアレルゲン(ダニやカビ、卵白など)と反応増せ、血清中の特定の物質に反応するIgE抗体量を測定して本人のアレルゲンを突き止めていくわけです。
⑤皮膚反応検査
*スクラッチテスト、プリックテスト、皮内テスト(即時型皮膚反応検査)
スクラッチテスト、プリックテストでは、アレルゲン液を皮膚に一滴たらし、その部分の皮膚を針で引っかいて15~20分後に反応を見ます。皮内テストでは、微量のアレルゲンを皮下に注射してその反応を見ます。検査可能なアレルゲンは約160種類ほどありますが、主にチリダニ、ハウスダスト、ペットの毛、フケ、植物、カビ、食品などを中心に検査を行います。
*パッチテスト(遅延型皮膚反応検査)
白色ワセリンなどの基剤にアレルゲン液を混ぜたものを布に塗って皮膚に貼り、その反応を見ます。測定は24~72時間後に行います。
⑥母乳のテスト
授乳期の赤ちゃんの場合、アレルギーの原因物質が母乳から少しずつ出て赤ちゃんに悪影響を与えている可能性も考えられますので必要に応じて母乳テストも行います。
⑦食物日記をつける
日常食べている物を細かく記入していただき、何を食べた時にどんな反応が出たか、気がついたことなどはないか、細かくチェックします。
⑧石けん、洗剤、シャンプー類のチェック
日常使用している商品について質問表を作り、細かく記入します。
以上が基本的な検査内容ですが、診断、治療の上で最も重要視しているのは、実はこのうちの⑦と⑧です。アトピー性皮膚炎の要因は必ず日常生活の中に隠れているというのが、重要です。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.