40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.2 大人のアトピー性皮膚炎の特徴
vol.3 アレルギー反応の理解
vol.4 皮膚のバリア機能
vol.5 アレルゲン以外のアレルギー反応
vol.6 気をつけなければならない合併症
vol.7 アトピーで皮膚科を受診するとき
vol.9 ステロイド外用薬について
vol.10 ステロイドの副作用について
vol.11 タクロリムス軟膏とは
vol.12 脱ステロイド
vol.13 保湿のポイント
vol.14 飲み薬は使い分けが大事
vol.15 スキンケア
vol.16 衣服、寝具の注意
vol.17 掃除と洗濯の仕方
vol.18 アトピー性皮膚炎と食事
vol.19 不眠対策
vol.20 かゆくなったらどうするか
vol.21 悪化要因のチェックリスト1
vol.22 悪化要因のチェックリスト2
vol.23 用語解説
vol.24 用語解説2
vol.25 アトピーに関するQ & A 1
vol.26 アトピーに関するQ & A 2
vol.27 私のアトピー日記
ユースキンI
オイラックスA 30g
アロエ軟膏 50g

治療方針を知って薬を使い分ける

アトピーの治療薬は、このように選びます

アトピー性皮膚炎治療薬

アトピーの症状の程度によって、薬の選び方や組み合わせが変わってきます。軽症であればステロイド外用薬は使わず、タクロリムス軟膏と保湿薬での治療から始めます。ごく軽いアトピーなら、保湿薬だけでいい状態をキープできるようになります。中等症以上のアトピーの場合は、「症状に合わせたステロイド外用薬+保湿薬十かゆみを抑えるための抗アレルギー薬または抗ヒスタミン薬の内服薬」が基本のセットです。ステロイドの強さは症状とからだの部位によって、2種類以上を使い分けることもあります。それぞれの薬の役割と注意をよく理解して、「体に塗る軟膏が余っているから、顔にぬっちゃおう」などと勝手に判断しないようにしましょう。最重症になってしまったら、原則として一時入院し、集中的に治療をします。治療薬の基本は、何といってもステロイド外用薬(ぬり薬)です。この外用薬をきちんと使えるかどうかが、症状の改善の早さを大きく左右すると言っていいでしょう。内服薬は「1日2回、食後に1回1錠」とわかっていれば、あとはコップ1杯の水があれば簡単に飲めるのですが、外用薬を毎日欠かさずぬるというのはとてもたいへんなことです。皮膚科での外用指導がポイントになります。医師が口で説明したり、ぬり方を書いたプリントを渡すだけでは絶対に無理だと思います。実際にその場でチューブから薬を指にとり、患者さん自身が皮膚にぬってはじめて「このくらいの量をこうやってぬる」ということがわかります。おとなの場合、親が薬をぬることの多い子どもと違って、自分では手の届かないところやぬりにくいところもあります(実際には、手が届かないところは、いじれないので悪化しにくい)。結局、いい薬であっても、毎日それをぬるのは患者さん自身です。ステロイド外用薬は、中途半端にぬるとかえって症状が悪化したりするので、はじめにきちんとマスターすることが肝心です。

薬は状態によって目的別に使い分ける

アトピー性皮膚炎の治療の第一目標は、かゆみを抑えながら、できるだけ早く炎症を抑えることにあります。それとともに次の再発を防ぐために、低下したバリア機能を補う治療を進めます。アトピー性皮膚炎の治療では、ともするとステロイド外用薬の副作用のみが取り上げられ、患者さんの間では相当の混乱が見られます。ステロイドを含む薬は、たしかに副作用を無視して使用することはできません。しかし、炎症を抑える薬として、現在、ステロイド外用薬の右に出るものはありません。新しく認可されたタクロリムス外用薬も、作用の強さではステロイド外用薬を超えるものではありません。選択肢が増えたとはいえ、ステロイド外用薬に全面的に変わるものではないのです。現在、一般的に行われている薬物療法は、ステロイド外用薬を含め、いくつかの薬を病状に合わせて組み合わせる方法です。ここでは、まず、アトピー性皮膚炎の治療で使用する主な薬を説明しましょう。

かゆい炎症を塗り薬で抑える

■ステロイド外用薬
かゆい炎症によく効く薬です。副作用を恐れる人が少なくありませんが、症状に合わせて正しく使えば、こわい薬ではありません。むしろ、ステロイド外用薬使わなかったために炎症をくい止められず、症状が悪化してしまうことが多いのです。最近は、一時よりはステロイド外用薬に対する誤解が少なくなってきたようです。薬は、強さによって五段階のランクがあり、作用が強くて副作用が出にくいタイプも出てきました。
■タクロリムス外用薬
アトピー性皮膚炎であらわれるアレルギー反応を抑制することで炎症を抑えようという薬です。効きめはステロイド薬のⅢ(強い)ランクにあたるとされています。ステロイドで起こるような副作用が出ないことで注目されています。
■非ステロイド抗炎症外用薬
皮膚炎が軽いときやステロイド外用薬を使って症状が軽くなったところに使います。ステロイド外用薬にみられるような副作用をほとんど起こさないため、顔や首、外陰部など皮膚の薄いところなどに使われることがあります。効きめは弱いクラスのステロイド外用薬よりも弱く、ステロイド外用薬の代わりにはなりませんが、軽症の患者さんにはよく効くことがあります。以前はかぶれることがあるといわれましたが、基剤が改善されて、かぶれも起こしにくくなっています。

アレルギー反応やかゆみを体内から抑える内服薬

■抗ヒスタミン薬
ヒスタミンは、炎症やかゆみを引き起こす化学伝達物質の代表格です。抗ヒスタミン薬はこのヒスタミンの作用を抑える動きがあり、とくにかゆみに速効的に効きます。最近は眠くならないタイプも出てきています。
■抗アレルギー薬
アトピー性皮膚炎のアレルギー反応を抑えて、アトピー性皮膚炎を抑えようとする薬です。血液検査などの結果、アトビー素因が強い患者さんに使います。一定期間使わないと、効果があらわれません。抗ヒスタミン作用をもつタイプもいろいろと開発され、かゆみが強いアトピー性皮膚炎では、こちらが抗アレルギー薬の主流になっています。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.