40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.2 大人のアトピー性皮膚炎の特徴
vol.3 アレルギー反応の理解
vol.4 皮膚のバリア機能
vol.5 アレルゲン以外のアレルギー反応
vol.6 気をつけなければならない合併症
vol.7 アトピーで皮膚科を受診するとき
vol.8 治療方針を知って薬を使い分ける
vol.10 ステロイドの副作用について
vol.11 タクロリムス軟膏とは
vol.12 脱ステロイド
vol.13 保湿のポイント
vol.14 飲み薬は使い分けが大事
vol.15 スキンケア
vol.16 衣服、寝具の注意
vol.17 掃除と洗濯の仕方
vol.18 アトピー性皮膚炎と食事
vol.19 不眠対策
vol.20 かゆくなったらどうするか
vol.21 悪化要因のチェックリスト1
vol.22 悪化要因のチェックリスト2
vol.23 用語解説
vol.24 用語解説2
vol.25 アトピーに関するQ & A 1
vol.26 アトピーに関するQ & A 2
vol.27 私のアトピー日記
フルコートF軟膏
テラ・コートリル軟膏
オイラックスPZ軟膏
ベトネベートN軟膏
ヒフワン軟膏

ステロイド外用薬について

ステロイド外用薬は正しく使えば安全な薬

ステロイド外用薬

ステロイド薬は、私たちの腎臓のすぐ上にある副腎という臓器から分泌される「副腎皮質ステロイドホルモン」と同様の作用を持つ薬です。このホルモンは、血液のなかに入って全身を循環しながら、炎症や免疫の働きを制御する大切な役割を持っています。内服薬や注射薬としてもいろいろな病気の治療に使われますが、アトピー性皮膚炎の治療には最重症の場合を除いて外用薬、つまりぬり薬が用いられます。ぬり薬にも種類があり、日本では軟膏が主流ですが、クリームやローションタイプもあります。広い範囲には伸びのいいクリームが、髪の毛がじゃまになってぬりにくい頭皮にはローションが適しているので、用途によって使い分けます。現在用いられているステロイド外用薬を、薬の作用の強さで分類したのが左ページの表です。たくさんあるようですが、このうちもっとも強い「ストロンゲスト」はほとんど使われないので、実際には「ベリーストロング」「ストロング」「ミディアム」「ウィーク」の4ランクを、症状の程度や使用期間、使用する部位、年齢などを考慮して使い分けます。医師任せにせず、私たち自身がステロイドのランクの違いを実感しましょう。今はステロイド薬にもジュネリック医薬品(新薬の特許が切れた後に発売される、同じ効き目で薬価の安い後発医薬品)があります。主成分を表と照合すれば、自分の薬がどのランクに相当するのかがわかります。

ステロイド外用薬のランク
薬の効果の強さ 薬物名 代表的な市販薬品名
ストロンゲスト(最強) プロピオン酸クロベタゾール
酢酸ジフロラゾン
デルモベート
ジフラール、ダイアコート
ベリーストロング(かなり強力) フランカルボン酸モメタゾン
ジフルプレドナート
酪酸プロピオン酸ベタメタゾン
フルオシノ二ド
ジプロピオン酸ベタメタゾン
アムシノ二ド
吉草酸ジフルコルトロン
酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン
フルメタ
マイザー
アンテベート
トプシム
リンデロンDP
ビスダーム
ネリゾナ、テクスメテン
パンデル
ストロング(強力) プロピオン酸デプロドン
プロピオン酸デキサメタゾシ
青草酸デキサメタゾン
ハルシノ二ド
吉草酸ベタメタゾン
プロピオン酸ベクロメタゾン
フルオシノロンアセト二ド
エクラー
メサデルム
ポアラ、ザルックス
アドコルチン
リンデロンV、ベトネベート
プロパデルム
フルコート
ミディアム(中等度) 吉草酸酢酸プレドニゾロン
トリアムシノロンアセト二ド
ビバル酸フルメタゾン
プロピオン酸アルクロメタゾン
酪酸クロベタゾン
酪酸ヒドロコルチゾン
デキサメタゾン
リドメックス
レダコート、ケナコルトA
ロコルテン
アルメタ
キンダベート
ロコイド
デカダーム
ウイーク(弱い) プレドニゾロン
酢酸ヒドロコルチゾン
プレドニゾロン
コルテス

外用薬では内服薬ほど重大な副作用は出にくい

副腎皮質ステロイド薬の最大の薬効は炎症を抑える作用です。皮膚では、血管を収縮させることによって、血管からアレルギーを起こさせる物質を放出させないようにして、むくみや赤み、炎症を抑える働きをもっています。副腎皮質ステロイド薬には、内服薬と外用薬があり、内服薬は関節リウマチなどの治療薬として使われています。アトピー性皮膚炎の治療でステロイド薬を極端におそれる人のなかには、内服薬の副作用と外用薬の副作用を混同して、無用な心配をしている人も少なくありません。たしかにステロイド薬を長期間大量に内服すると、本来ステロイドホルモンを分泌するはずの副腎が怠けてしまい、その働きが低下していきます。顔がむくんで満月のように丸くなったり(ムーンフェイス)、骨がもろくなったり(骨粗鬆症)、免疫力が低下して糖尿病が悪化したり、感染症にかかりやすくなったりすることがあります。しかし、アトピー性皮膚炎では、緊急事態でまれに内服薬を使うこともありますが、通常の場合は内服薬は使わず外用薬だけを使います。

ステロイド治療は対症療法にすぎない

ステロイドの使用をめぐってさまざまな論議が生じているのも、なかなか特効薬が見出せないために、ステロイドをあたかも魔法の薬のごとく過信し、乱用してきた過去の経緯があったからにはかなりません。炎症が手早く治まるということで、治療現場の医師も、また患者さん側も積極的にステロイド外用薬を使い、いきおい乱用が進み、それが副作用を起こす要因になってしまったことは否めない事実だったのです。実際、ステロイドの副作用の原因は、乳幼児が皮膚をかゆがるのを見かねたり、少しでも早く治癒させたいと願うあまりに、多くのお母さんが頻繁に、また過剰に塗りつけたり、広範囲に塗りつけたりして起きてくるケースも多かったのです。当然、そんな使用法は、お母さん方も反省しなければなりませんし、一方で、皮膚炎といえば画一的にステロイドを処方してきた治療現場の在り方も反省されなければならないでしょう。ステロイド外用薬はあくまでも炎症を抑えるための薬にすぎない。いわゆる対症療法にすぎないのに、見た目の症状が消え去ることだけに皆が一喜一憂してしまう。こうした風潮こそが、実はアトピーというアレルギー疾患の治療の難しさ端的に表しているように思えるのです。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.