40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.3 あなたの重症度と治療法は?
vol.4 高血圧のタイプ
vol.5 どこで高くなる?
vol.6 高血圧による体のダメージ
vol.7 血圧の自己測定
vol.8 血圧計の種類
vol.9 血圧の測り方
vol.10 血圧の測り方2
vol.11 運動療法
vol.12 その他の生活対策
vol.13 食生活の改善
vol.14 食生活の改善2
vol.15 塩分を上手に採る
vol.16 食塩制限の基本
vol.17 カリウムの上手な採り方
vol.18 カルシウムの上手な採り方
vol.19 食生活のその他の注意
vol.20 高血圧に良い肉や魚乳製品
vol.21 高血圧に良い野菜きのこ、海藻
vol.22 高血圧に良い果物、豆や芋
vol.23 食塩含有量の多い加工食品
vol.24 薬物による高血圧の治療
vol.25 薬物による高血圧の治療2
vol.26 薬物による高血圧の治療3
vol.27 塩分が1日10g以下の献立1
vol.28 塩分が1日10g以下の献立2
vol.29 塩分が1~2gのおかず
vol.30 塩分が1g以下のおかず
vol.31 血圧を下げる食事1
vol.32 血圧を下げる食事2
vol.33 血圧を下げる食事3
vol.34 血圧を下げる食事4
vol.35 血圧を下げる食事5
vol.36 血圧を下げる食事6

高血圧 - 血圧のメカニズム

血圧とは何か

あなたの左手の手のひらを胸の中央から少し左よりにおいてみてください。肋骨の下線より少し上の位置ですが、そこにあなたの心臓があります。大きさは握りこぶしくらいです。血液の循環は、心臓の左(左心房・左心室)から全身へ出ていく大循環系(体循環系)と、心臓の右(右心房・右心室)から肺へ出ていく小循環系(肺循環系)に区別されます。小循環系では、血液は心臓の右(右心房・右心室)から肺へ行き、そこで酸素を取り入れ、心臓の左(左心房・左心室)へ戻ってきます。心臓の左(左心房・左心室)から出た血液は大動脈、通常の動脈、細動脈、そして毛細血管から静脈を経て心臓の右(右心房・右心室)に還ってきます。静脈系は非常に大きい容量をもっていて、循環系の中の血液量の調整に重要な役割を果たしています。また、血液は胃腸、肝臓、膵臓などの消化器や腎臓、脳などの多くの臓器へ、肺で取り入れた酸素や栄養物を送り込み、炭酸ガスや老廃物を運び去ります。

心臓

大動脈から通常の動脈・細動脈・毛細血管そして静脈に至るわけです。各血管系にはそれぞれの圧が存在していますが、高血圧を問題にするときに血圧といえば動脈内の圧をさします。循環している血液量の70%は静脈系に存在し、ここに貯えられた血液がいろいろな行動の際の需要に応じて放出されます。人間のからだは、これだけの余裕があるからいろいろな行動に適用できるのです。その他、心臓の中に15%、動脈系の中に10%、残りの5%は毛細血管の中にあります。血圧に関するさまざまな現象を理解する上で、このことは大変重要なことです。

高血圧とは

高血圧は今や世界共通の健康上重大な問題となり、日本でも成人の30~40%が高血圧とみなされています。しかし、ほとんどの高血圧は発生のメカニズムがまだ不明であり、「本態性高血圧」と呼ばれています。しかし、高血圧は、遺伝的な要因が発生に大きくかかわっている反面、その進行や増悪に生活習慣が大きくかかわります。高い血圧が持続していると、ポンプ役をする心臓と動脈に負担がかかり、動脈硬化を進行させ、脳血管障害、虚血性心疾患、腎不全などの臓器障害を合併してきます。高血圧状態そのものが、いろいろの合併症を引き起こす原因になるのです。そして、血圧値が高いほど死亡率が高くなります。したがって、高血圧の治療の目標は、臓器障害の進行をいかに予防していくかにあります。血圧の高い人は、このような臓器障害の微候が現れ始めていないかを定期的に診てもらいながら、まず生活習慣の変容(一般療法)から始めて、薬物療法に至る継続的な管理が必要です。

高血圧の種類

高血圧には原因が明らかにされている二次性高血圧と、原因が特定できない本態性高血圧の二種類に分類することができます。
1.本態性高血圧
もともと高血圧になる原因がよくわからないものを「本態性高血圧」と呼んでいます。本態性とは「根元的な」あるいは「本来的な」という意味で、血圧が高いことそれ自体が本態であるという意味です。本態性高血圧は今日に至ってもその原因は不明ですが、遺伝的な要因に加え、肥満、食塩、アルコールの過剰摂取、運動不足、ストレスなどが循環の調節機構を変調させて高血圧を発症すると考えられています。一般に、高血圧といえば本態性高血圧をさし、高血圧患者の98%以上を占めます。
2.二次性高血圧
臓器になんらかの病変があり、その結果として生じる高血圧を「二次性高血圧」といいます。二次性高血圧には、慢性腎疾患、妊娠中毒症、腎血管性高血圧、大動脈縮窄症、原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腰などによる高血圧があります。このような高血圧の治療には、薬物療法の適応であるか、外科的治療で全快する高血圧であるかを的確に診断する必要があります。その他、大動脈閉鎖不全症や甲状腺機能元進症(甲状腺ホルモンの増加)によるものは、各々の病気が原因となる高血圧で、二次性高血圧としても分類されます。そして、原因となるもとの病気を取り除けるかどうか、あるいは薬でコントロールできるか、またどんな種類の降圧薬が向いているかは、各々の病気の状態によって異なります。

高血圧の成り立ち

基本的な循環調節のシステムを中心にして、遺伝的要因と環境要因とが影響しますが、当然のことながら遺伝的要因は、環境要因にも強く影響を及ぼします。環境要因には食塩のとりすぎ、肥満、飲酒過剰、運動不足、ストレスなどがあげられます。遺伝的要因に対する有効なアプローチは現在のところはありません。生理学的に血圧が高くなるしくみを考えてみましょう。血圧は心臓から送り出される血液量(心拍出量)と、それを受け入れる血管の緊張や抵抗の大きさで決まります。心臓から出される血液量には心臓の収縮力、強さ、速さなどが関係しています。心臓の収縮力は体液量とそれを心臓へ運ぶ静脈系の緊張度によって支配されます。静脈系の緊張と左心室の収縮能力が交感神経の緊張によって高まり、体液量の増加は食塩のとりすぎと腎によるナトリウムの排泄が低下することによってもたらされます。さらに、ストレスは交感神経機能の亢進、レニン・アンジオテンシンの過剰、そして腎臓の濾過面積を減少させます。高血圧には、このように機能の異常として交感神経の緊張亢進、レニン・アンジオテンシンの過剰、肥満にかかわる高インスリン血症などが関係していることがわかります。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.