40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.2 生活習慣病の王様
vol.4 高血圧のタイプ
vol.5 どこで高くなる?
vol.6 高血圧による体のダメージ
vol.7 血圧の自己測定
vol.8 血圧計の種類
vol.9 血圧の測り方
vol.10 血圧の測り方2
vol.11 運動療法
vol.12 その他の生活対策
vol.13 食生活の改善
vol.14 食生活の改善2
vol.15 塩分を上手に採る
vol.16 食塩制限の基本
vol.17 カリウムの上手な採り方
vol.18 カルシウムの上手な採り方
vol.19 食生活のその他の注意
vol.20 高血圧に良い肉や魚乳製品
vol.21 高血圧に良い野菜きのこ、海藻
vol.22 高血圧に良い果物、豆や芋
vol.23 食塩含有量の多い加工食品
vol.24 薬物による高血圧の治療
vol.25 薬物による高血圧の治療2
vol.26 薬物による高血圧の治療3
vol.27 塩分が1日10g以下の献立1
vol.28 塩分が1日10g以下の献立2
vol.29 塩分が1~2gのおかず
vol.30 塩分が1g以下のおかず
vol.31 血圧を下げる食事1
vol.32 血圧を下げる食事2
vol.33 血圧を下げる食事3
vol.34 血圧を下げる食事4
vol.35 血圧を下げる食事5
vol.36 血圧を下げる食事6

高血圧 - あなたの重症度と治療法は?

血圧値の「ステージ」を知っておく

●"重症度″をふまえた治療が大切

各種の検査で本態性高血圧とわかったら、その重症度、「つまり血圧値をどのように判断するか?」「合併症はどの程度進行しているのか?」ということをチェックする必要があります。高血圧の重症度がわかれば、それに応じた適切な治療を始めることができ、脳卒中や心臓病などの危険な合併症を防げるようになります。ちなみに血圧値を判断する基準はいろいろありますが、米国(高血圧合同委員会)が定めた指標では、前述のように最大血圧が140mmHg以上で、最小血圧が90mmHg以上のケースを「高血圧」としています。また、米国の高血圧の指標には、従来の指標にはなかった「正常高値」や「至適血圧」(理想血圧)などの新しい項目も設けられています。「正常高値」は最大血圧が130~139mmHgか最小血圧が85~89mmHgの人ですが、正常値でも高めなので「生活習慣を改善し、1年後に再検査する」とされています。また「正常血圧」の人も「2年後に再検査が必要とされ、問題がないのは最大血圧が120mmHg以下で最小血圧も80mmHg以下の"理想的な血圧"(至適血圧)だけとなっています。

▼血圧値を判断する目安は?

段階 最大血圧・最小血圧/mmHg 対応法
至適血圧 <120かつ<80 (理想的な血圧)
正常血圧 <130かつ<85 2年以内に再検査
正常高値 130~139または85~89 1年以内に再検査
高血圧ステージ1 140~159または90~99 2ヵ月以内に再検査・1ヵ月以内に精密検査か専門医を
受診/必要ならすぐか1週間以内に専門的検査など
高血圧ステージ2 160~179または100~109
高血圧ステージ3 ≧180または≧110
※最大血圧と最小血圧の値が別の「段階」に当てはまるときは、
数値が高い方の「段階」に分類する。 (米国・高血圧合同委員会の分類)

アメリカでは血圧値を厳しく判定する

このように米国の基準はかなり厳しく、高血圧への注意を強くうながすものとなっているため、最近は世界的に注目度が高まっています。この基準では、高血圧も3つの段階(ステージ)に分けられています。「第1段階(ステージ1)」は最大 血圧が140~159mmHgか最小血圧が90~99mmHgのケースで、これは以前「境界域(きょうかいいき)高血圧」と呼ばれたものとほぼ同じです。さらに、最大血圧が160~179mmHgか最小血圧が100~109mmHgなら「第2段階(ステージ2)」、最大血圧が180mmHg以上か最小血圧が110mmHg以上なら、「第3段階(ステージ3)」とみなされます。「第3段階」は危険な状態で、ただちに薬によって血圧を下げる必要があります。

国連も高血圧の判定法を変えた

血圧値をどう判断するかの指標には、国連の世界保健機関(WHO)が定めたものもあります。これによると、以前は米国の指標と異なり、最大血圧が140~180mmHgで最小血圧が90~105mmHgのものを「軽症高血庄」として、そのなかでとくに軽症例(最大血圧が140~160mmHgで最小血圧が90~95mmHg)を、本格的な高血圧と正常な血圧値との中間のレベルの「境界域高血圧」と呼んでいました。ただし、国連で米国の指標と違う指標を設けると世界中の医師が混乱するため、1999年に従来の指標を改定して、国連でも米国の指標を受けました。つまり、前述した3段階の(「ステージ1~3」/国連の持株では「グレード1~3」で、名称だけ異なる)と正常高値、至適血圧などの項目が設けられ、国連の指標も米国の指標と同じ形に統一されたのです(従来の境界域高血圧にあたるのは高血圧の「グレード1」のうち最大血庄が140~149mmHgで最小血圧が90~94mmHgのケースとされている)。

自分の高血圧に最適の治療法は?

軽症の高血圧でも危ない人がいる

日本では、最近は「第1段階(ステージ1)」程度の比較的軽症の高血圧が増えており、本態性(ほんたいせい)高血圧の60~70%を占めるようになっています。ただし、たとえ血圧の高さが"軽症"であっても、脳や心臓、腎臓などの合併症が現れていれば十分な注意が必要になります。高血圧の合併症の進み方は、血圧値の高さに左右されるものの、いろいろな生活習慣や年齢、体質、他の生活習慣病(高脂血症や糖尿病その他)などにも影響されるため、かなり個人差があるのです。この場合、合併症の進行度を判断するうえでも米国の高血圧の指標が役に立ちます。この基準では、患者さんが「A~C」の3グループに分けられ、それぞれに必要な治療法が示されています。

合併症が進みやすいタイプがある

Aグループは、動脈硬化を促進する高血庄以外の要周(危険因子、つまり「糖尿病・高脂血症とその予備軍・喫煙・高年齢(60歳以上)・動脈硬化の病気が多い家系」などがなく、高血圧の合併症と心臓の異常もないケースです。これで血圧の値が第1段階(ステージ1)」の軽症なら【最も初期段階の高血圧】で、薬を使わず"生活習慣の改善″を行って治療します(Aグループでも血圧値が「第2段階」以上なら、薬による治療をすぐ始める必要がある)。またBグループは、高血圧の合併症と心臓の異常がないものの、糖尿病以外の動脈硬化の危険因子を持っているケースで、血圧値が軽症なら、【合併症が発生・進行する危険性が高いが、現在はまだ初期段階】と言えます。この場合も"生活習慣の改善″が治療の基本となりますが、血圧値が「第2段階」(ステージ2)以上なら、やはり薬による治療を始めなければなりません。最後のCグループは、糖尿病か高血圧の合併症と病的な動脈硬化があるケースで、血圧値の高低の程度にかかわらず、【かなり危険性が高い状態】とみなされます。この場合は、「第1~3段階(ステージ1~3)」のすべての高血圧と、前述の「正常同値(正常血圧だがやや高め)」の人も含めて、血圧を下げる薬(降圧剤)と生活習慣の改善による治療をすぐ始める必要があります。このように高血圧の治療では、たんに血圧値の高低だけでなく、糖尿病などの合併症の有無や進行状態、個々人の生活習慣などによって治療方法が違ってきます。

高血圧以外の動脈硬化の危険因子

・喫煙・高脂血症かその予備軍(脂質代謝異常)
・高年齢(60歳以上・動脈硬化の病気が多い家系・糖尿病

動脈硬化性の異常病気
心肥大・狭心症心筋梗塞・冠状動脈の動脈硬化を冶療したことがある・脳卒中(各種の脳血管障害)・腎障害・足などの動脈硬化(末梢動脈硬化患者)・眼の奥の網膜の動脈硬化

■血圧の「段階」と危険因子に応じた治療とは?

血圧の段階/mmHg リスク・グループA リスク・グループB リスク・グループC
正常高値
130~139/85~89
生活習慣の改善 生活習慣の改善 薬剤による治療
高血圧/ステージ1
140~159/90~99
生活習慣の改善/12ヶ月 生活習慣の改善/6ヶ月 薬剤による治療
ステージ2および3
≧160/≧110
薬剤による治療 薬剤による治療 薬剤による治療
※複数の危険因子を持つ人は、薬剤による治療を行うときも、生活習慣(ライフスタイル)の改善を必ず併用する。
Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.