40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.2 生活習慣病の王様
vol.3 あなたの重症度と治療法は?
vol.4 高血圧のタイプ
vol.5 どこで高くなる?
vol.6 高血圧による体のダメージ
vol.7 血圧の自己測定
vol.8 血圧計の種類
vol.9 血圧の測り方
vol.10 血圧の測り方2
vol.11 運動療法
vol.12 その他の生活対策
vol.13 食生活の改善
vol.14 食生活の改善2
vol.15 塩分を上手に採る
vol.16 食塩制限の基本
vol.17 カリウムの上手な採り方
vol.18 カルシウムの上手な採り方
vol.19 食生活のその他の注意
vol.20 高血圧に良い肉や魚乳製品
vol.21 高血圧に良い野菜きのこ、海藻
vol.23 食塩含有量の多い加工食品
vol.24 薬物による高血圧の治療
vol.25 薬物による高血圧の治療2
vol.26 薬物による高血圧の治療3
vol.27 塩分が1日10g以下の献立1
vol.28 塩分が1日10g以下の献立2
vol.29 塩分が1~2gのおかず
vol.30 塩分が1g以下のおかず
vol.31 血圧を下げる食事1
vol.32 血圧を下げる食事2
vol.33 血圧を下げる食事3
vol.35 血圧を下げる食事5
vol.36 血圧を下げる食事6

高血圧 - 血圧を下げる食事その4

黒酢のりスープ

薬と同じ仕組みで高血圧を改善

のりには、ビタミンA・B群・C・Eがたっぷり含まれているほか、動脈硬化や心疾患を予防するEPA(エイコサペンタエン酸)、タンパク質が多いのも特徴です。そして、血圧降下作用があると注目されているのが、のりのペプチドです。ペプチドとは、複数のアミノ酸の分子が結合した物質です。この物質は、体内で血圧を上げるアンジオテンシン(ACE)という酵素の働きを抑制し、血圧の上昇を防ぎます。この仕組みは、病院で処方されるACE阻害薬という、降庄薬の作用と同じものです。また、正常値の人が摂取しても、血圧が下がりすぎることはなく、副作用がないこともわかりました。

血液をサラサラにする黒酢の効果

そこで、おすすめなのが「黒酢のりスープ」です。のりだけでなく、黒酢の有効成分もとれるうえ、その相乗効果も期待できます。最近の研究で、黒酢には血液をサラサラにし、コレステロールや中性脂肪を減らす効果があることが明らかになっています。また、黒酢には体のPHを調節する働きもあります。私たちの体は、中性の7.4を基準にして、酸性とアルカリ性に分かれています。酸性とアルカリ性は、水素イオン濃度のPHであらわされ、PHが7.2になると酸性ということになります。私たちの体が酸性に傾くと、さまざまな不調があらわれてきます。黒酢には、酸性働きがあり、私たちの健康維持に役立っているのです。さらに、黒酢には、抗肥満アミノ酸も豊富に含まれています。米やパンなどの炭水化物は、体内に入るとグルコースという物質に変化し、脂肪細胞にとり込まれます。これが、肥満の原因になる体脂肪の蓄積につながるのです。黒酢の抗肥満アミノ酸は、グルコースが脂肪に変わるのを防ぐ働きを持っています。さらに、血液中のグルコースそのものを燃やす効果もあるので、黒酢は肥満予防に優れた効果を発揮するのです。黒酢のりスープは、体内への吸収をよくするため、空腹時に飲むようにしましょう。特に朝食前がおすすめ。

黒酢のりスープの作り方

黒酢のりスープ

材料 ・のり 2~3g ・黒酢 大さじ1 ・湯 150ml ・しょうゆ 小さじ1/4

作り方
1.すべての材料をカップに入れる。
2.よくかきまぜたらでき上がり。

メモ
・1日に1杯、朝食前に飲む
・味つけのりは塩分が多いので、普通ののりを使う

酢かけ枝豆

酢を枝豆に合わせるだけ枝豆に多く含まれているビタミンB群には、夏パテによるだるさや疲れ、肩こりなどを防ぐ作用があります。また、高タンパク、低脂肪、低カロリーなので、ダイエットにも最適です。さらに、100g中にカルシウムが76mgも含まれているため、更年期の骨租怒症を防いだり、ストレスによるイライラを防ぐのにも役立ちます。そして、枝豆の栄養価のなかで見逃せないのが、豊富なカリウムと食物繊維です。カリウムには、体にたまった余分な塩分を外に出しやすくする働きがあります。この塩分の排出作用は、高血圧の防止にたいへん効果的です。食物繊維に関しては、水溶性と不溶性の2種類が、バランスよく含まれていることが最大の特徴です。不溶性の食物繊維は、高血圧の誘因となる便秘を解消する作用があります。一方、水溶性の食物繊維は、糖の吸収をおだやかにするため、血糖値や血中コレステロール値の上昇を抑えてくれます。枝豆を効果的に食べるには、さやから豆だけをとり出し、酢をかけて食べる「酢かけ枝豆」 にするのがおすすめです。酢と合わせることで、カルシウムの吸収率がぐんと高まりますし、ビタミンB群の働きもよくなるからです。また、枝豆は消化吸収がよくないという欠点もありますが、酢の酢酸が胃の働きを活発にするため、栄養分を吸収しやすくしてくれます。

酢かけ枝豆の作り方

酢かけ枝豆

材料(1食分) ・枝豆 50g(さやつきなら100g) ・酢 大さじ1

作り方
1.枝豆はゆでてさやから出し、酢をかけて全体になじませる。
2.枝豆は傷みやすいので、作ったらすぐ食べるように。
3.5~10分おいたら、出来上がり。茹でた枝豆は痛みやすいので、作ったらすぐに食べる。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.