40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.2 生活習慣病の王様
vol.3 あなたの重症度と治療法は?
vol.5 どこで高くなる?
vol.6 高血圧による体のダメージ
vol.7 血圧の自己測定
vol.8 血圧計の種類
vol.9 血圧の測り方
vol.10 血圧の測り方2
vol.11 運動療法
vol.12 その他の生活対策
vol.13 食生活の改善
vol.14 食生活の改善2
vol.15 塩分を上手に採る
vol.16 食塩制限の基本
vol.17 カリウムの上手な採り方
vol.18 カルシウムの上手な採り方
vol.19 食生活のその他の注意
vol.20 高血圧に良い肉や魚乳製品
vol.21 高血圧に良い野菜きのこ、海藻
vol.22 高血圧に良い果物、豆や芋
vol.23 食塩含有量の多い加工食品
vol.24 薬物による高血圧の治療
vol.25 薬物による高血圧の治療2
vol.26 薬物による高血圧の治療3
vol.27 塩分が1日10g以下の献立1
vol.28 塩分が1日10g以下の献立2
vol.29 塩分が1~2gのおかず
vol.30 塩分が1g以下のおかず
vol.31 血圧を下げる食事1
vol.32 血圧を下げる食事2
vol.33 血圧を下げる食事3
vol.34 血圧を下げる食事4
vol.35 血圧を下げる食事5
vol.36 血圧を下げる食事6

高血圧 - 高血圧のタイプ

本態性高血圧と二次性高血圧のふたつに分けられる

高血圧は、原因の明らかなものと、原因がはっきりしないものとに分けることができます。原因が明確な高血圧は、「二次性高血圧」と呼ばれます。たとえば、腎臓の機能が低下すると、血圧が上がってきます。血圧はホルモンと関係が深いため、ホルモンの分泌異常でも、高血圧になります。若い年齢で高血圧になったり、急に血圧が高くなった、ほかに何らかの症状があるといった場合は、二次性高血圧が考えられます。一方、原因不明の高血圧は、「本態性高血圧」と呼ばれています。

本態性高血圧が高血圧全体の95%以上

軽症の人も含めると、日本人で高血圧の人は約3500万人といわれています。そのうちの95%以上は、原因不明の本態性高血圧です。原因不明とはいっても、最近はその原因がだんだんわかってきました。本態性高血圧は、高血圧になりやすい遺伝的な素因に、食事や運動などのさまざまな生活習慣が加わって、発症することがわかっています。ひとつの病気が原因で起こる二次性高血圧と異なり、複数の原因が重なって発症する生活習慣病なのです。

▼二次性高血圧が疑われる場合はどんなときか

●年齢が30歳以下
●血液検査や尿検査でホルモンなどの異常がある
●数ヶ月間に急に血圧が高くなった
●降圧薬をのんでも血圧が下がりにくい
●両親やきょうだいに高血圧の人はいない
●血圧以外の症状がある(頻脈・甲状腺の腫れなど) 遺伝的素因に複数の危険因子が重なって起こる

本態性高血圧の下地には、両親から受け継いだ遺伝的な素因があります。両親のどちらか、あるいは両方が高血圧なら、その子どもも高血圧になる確率は高いといえます。最近は、高血圧にかかわる遺伝子の解明が進み、いずれ薬の選択など治療に応用されることが期待されています。ただ、遺伝的素因だけで、高血圧になるわけではありません。塩分の多い食事、肥満、運動不足、喫煙など、さまざまな危険因子が発症に関係しています。高血圧は、遺伝的素因という下地に、生まれてからの生活習慣に基づく複数の危険因子が加わって初めて発症する病気なのです。

生活習慣に気を配れば発症は防げる

遺伝的な素因は、取りのぞくことができません。しかし、危険因子がなければ発症しないので、遺伝的素因があっても、高血圧を予防することは十分に可能です。危険因子のほとんどは、食事や運動、喫煙などの生活習慣です。生活習慣は、自分で見直して改善することができます。毎日のちょっとした習慣に気を配り、危険因子をなくすことで、発症を防ぐことができます。また、危険因子を取りのぞくことにより、高血圧を治療することもできます。

塩分や喫煙、肥満、ストレスなどが危険因子となる

日本人の高血圧のいちばんの危険因子は、塩分(ナトリウム)のとりすぎです。ナトリウムが血圧を上げる理由は、ふたつあります。ひとつは、心臓から押し出される血液量(心抽出量)が増えることです。塩辛いものを食べると、水がほしくなることでもわかるように、体内のナトリウム濃度が高くなると、一定濃度に保とうとして、体内の水分(体液量)も増えます。この余分な水分を尿として排出しようとして、心臓はポンプカを強めます。もうひとつの理由は、血管壁の細胞内にナトリウムが多くなると、交感神経を刺激して、血管が収縮しやすくなることです。つまり血管の抵抗が高くなるのです。また、ナトリウムや水分が血管壁の細胞内に多量に入りこむと、血管壁がむくみ、血管が狭くなることも、血管の抵抗性を大きくする要因です。

喫煙、肥満、ストレスなども血圧を上げる

ストレス

塩分の過剰摂取以外にも、高血圧の危険因子はたくさんあります。たとえば、喫煙やストレスは、血管を収縮させて、血管抵抗を強めることで血圧を上げます。肥満は、全身の余分な脂肪が末梢の血管を圧迫するために、血管抵抗を増すことで血圧が上昇します。肥満と関係が深い糖尿病も、高血圧の危険因子です。糖尿病がある人は、ない人に比べて2倍くらい高血圧になりやすいといわれています。

腎臓やホルモンの異常で血圧が高くなる

二次性高血圧の原因でもっとも多いのは、腎臓の病気です。腎臓は、体内のナトリウムや水分の量を調整しているため、その機能が低下すると、血圧が上がります。なかでも多いのは、腎臓の太い血管が動脈硬化を起こし、血流が悪くなって血圧が上がる「腎血管性高血圧」です。腎臓病の次に多いのが、ホルモン分泌の異常を原因とするケースです。副腎や甲状腺(こうじょうせん)という組織からは、さまざまなホルモンが分泌されています。血圧はホルモンによるコントロールも受けています。そのために、ホルモン分泌の異常で血圧が上がるのです。「原発性アルドステロン症」や「褐色細胞腫(かっしょくさいほうしゅ)」などがその代表です。そのほか、大動脈の先天性の病気も、高血圧の原因になります。二次性高血圧の場合は、これらの原因となる病気を治療すれば、血圧は下がります。

漢方薬やサプリメントが原因のこともある

高血圧以外の病気で使用している薬が、高血圧の原因となっているケースもあります。医師に処方される薬だけでなく、市販薬や漢方薬、サプリメントのなかにも、血圧を上げる作用のあるものがあります。使用している薬などはすべて医師に伝えるようにしましょう。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.