40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOMEBLOGShopping
vol.2 生活習慣病の王様
vol.3 あなたの重症度と治療法は?
vol.4 高血圧のタイプ
vol.5 どこで高くなる?
vol.6 高血圧による体のダメージ
vol.7 血圧の自己測定
vol.8 血圧計の種類
vol.10 血圧の測り方2
vol.11 運動療法
vol.12 その他の生活対策
vol.13 食生活の改善
vol.14 食生活の改善2
vol.15 塩分を上手に採る
vol.16 食塩制限の基本
vol.17 カリウムの上手な採り方
vol.18 カルシウムの上手な採り方
vol.19 食生活のその他の注意
vol.20 高血圧に良い肉や魚乳製品
vol.21 高血圧に良い野菜きのこ、海藻
vol.22 高血圧に良い果物、豆や芋
vol.23 食塩含有量の多い加工食品
vol.24 薬物による高血圧の治療
vol.25 薬物による高血圧の治療2
vol.26 薬物による高血圧の治療3
vol.27 塩分が1日10g以下の献立1
vol.28 塩分が1日10g以下の献立2
vol.29 塩分が1~2gのおかず
vol.30 塩分が1g以下のおかず
vol.31 血圧を下げる食事1
vol.32 血圧を下げる食事2
vol.33 血圧を下げる食事3
vol.34 血圧を下げる食事4
vol.35 血圧を下げる食事5
vol.36 血圧を下げる食事6

高血圧 - 血圧の測り方

聴診法による血圧の測り方

以下、順を追って説明していきます。

水銀式血圧計の計り方

1.テーブルの前に楽な姿勢で腰掛けてください。血圧は仰臥位、座位、立位で測定されますが、一般には座位で測ります(臥位だと臥位血圧、立位だと立位血圧と書いておく)。気持ちが落ち着かないと血圧も上がってしまいます。もし急ぎの用があれば先に済ませてください。お手洗いも済ませてください。
2.右腕または左腕を出し、服の袖を肩までまくり上げます。そして、まくり上げた袖が腕を圧迫しないように注意します。腕の左右の血圧値の差は健康な人の場合、ないか、あってもわずかな差5mmHgです。いつも決まって5mmHg以上の差があるときには、どちらかの腕に決めて測ります。薄いシャツやブラウスの場合は着たままでもかまいませんが、厚手の衣類のときは脱いで測定するほうがよいでしょう。
3.聴診器を当てる部位が心臓と同じ高さになるように、テーブルの上に腕を伸ばします。テーブルと肘の間に台かクッションなどを入れて高さを事してください。

チェストピース

4.上腕動脈の聴診菅当てる部位を探します。肘の内側で、小指寄りのところに自分の親指を当てると脈が触れますので、そこに聴診器のチェストピースの膜面を当てます。
5.腕帯から出るゴム管が指先に向くように持ち、腕帯の中のゴム嚢が上腕動脈を囲むように当てます。腕帯の下線は肘より2~3cm上にくるようにしてください。
6.腕帯はゆるすぎず、きつすぎず腕にぴったり添うように巻きます。
7.送気用のゴム球を持ち、親指と人差し指を排気調節ネジに添えます。ネジは手前に回すと締まり、向こうに回すと開きますので、腕帯に空気を送り込むときはネジを締めてください。次に送気用のゴム球を手掌に握り込み、ぎゅっ、ぎゅっと力強くすばやく空気を入れてください。目標のところまでできるだけ遠く針(または水銀柱)を上げることが重要です。圧力計の針は、その人の普段の最高血圧値より20~30上のところまで上げてください。最高血圧が200以上と想定される人には、250まで針を上げてください。これは特に決められた数値ではありませんが、血圧の変動と針を降ろすときの調節分として必要な余裕です。
8.次にネジをごくわずかゆるめます。ネジをゆるめる速度は2/秒、あるいは脈拍の速度で減圧します。ネジを大きくゆるめると、針はあっという間に降りてしまいますので、針がゆっくり降りるように調節してください。このネジをゆるめる操作が最も難しいところですから、どのくらいネジを開くと針がどのくらいのスピードで下がるか、そのコツがわかるまで、繰り返し練習してください。
9.次に聴診器を装着します。耳の穴(外耳遺)は耳の入り口から鼻の方向に向いています。聴診器の膜面は、先ほど確認した、上腕動脈の脈の触れるところにぴたっと当てます。肘を曲げると膜面が浮き上がり周囲の雑音が入るので、まっすぐ伸ばします。
10.針を降ろしてしばらくすると、聴診器を通してトントンと脈拍のリズムで血管音が聴こえ始めます。血管音が聴こえ始めたときの目盛が最高血圧で、音が急に小さくなって消えたときの目盛が最低血圧です。
11.再度測る場合は、ネジを全開にしてゴム囊内の空気を出し、必ず推力計の針をいったん0に戻してから行います。手首を頭の高さまで上げてうっ血をとってから、そのままの位置で圧を上げていき、所定の高さに達したところで腕を元の位置に戻して脱気を始めると、二回目もうまく測れます。
12.ネジにはミシン油を一滴たらしておくと、力を入れずにネジの開閉ができて操作しやすくなります。

電子式による血圧の測り方

動き回ったり、入浴してすぐの血圧測定では、安定した値が得られません。家庭血圧は、安静状態で測るようにします。いすなどに座りへ数回、深呼吸を行って、リラックスしましょう。その後1~2分安静にしてから、測定を始めます。操作は、ごく簡単です。カフ(腕帯)を上腕に巻き、血圧計のスイッチを入れます。カフのなかには、空気が入るゴム袋が入っており、スイッチを入れると自動的に空気が送り込まれて血管を圧迫し、血圧を測定します。計測が終わると、自動的にカフの空気が抜けていき、表示画面に血圧の数値が示されます。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.