40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
・体験談 ・ Shopping  HOME
vol.2 大腸がんはどんな病気か
vol.3 大腸がんの自覚症状
vol.4 大腸がんの検査
vol.5 大腸がんを確定する検査
vol.6 大腸がんを確定する検査2
vol.7 大腸がんの治療 ステージ
vol.8 大腸がんの治療
vol.9 開腹手術と腹腔鏡手術
vol.10 人工肛門
vol.11 放射線療法・抗がん剤治療
vol.13 手術後・退院後の食事
vol.14 手術後の日常生活

大腸がん - がんの再発と転移

大腸がんの治療は、原則として手術によってがんを完全に切除することです。目で確認できるがんをすべて切除しても、目に見えない小さながんが体内に残ることがあります。その小さながんが目に見えるまで大きくなるのが「再発」です。再発の可能性は、図のように病期(ステージ)によって異なります。また再発には次の3つのパターンがあります。ひとつめは「局所再発」。がんが元々あった場所の近くで起こる再発です。結腸がんは、がんがある部分を含めて大きく切除できるので、あまり局所再発は起こりません。しかし直腸がんでは、がんの周囲を含めて大きく切除できない場合があるためがん細胞が残って、再発することがあります。つぎに「転移再発」というものがあります。大腸で発生したがんが、リンパ節、骨、肝臓、脳などの離れた臓器に移って大きくなることです。大腸がんで多いのは、肝臓や肺への転移です。もうひとつが「腹膜再発」です。腹膜とは、大腸の外側を覆う膜のことで、大腸のみならず腹部全体を覆っています。大腸にできたがんが腹膜にいくと、腹部のいたるところに散らばり、広がっていきます。このように腹膜に再発が起こるのが、腹膜再発です。多くのがんが、治療後5年間再発がなければ治癒(完治)したと考えられています。

転移とは?

がん細胞が原発巣から離れた他の臓器にとりつき発育することを「転移」と言います。血管を経て転移する場合(血行性転移)と、リンパ節を経て転移する場合(リンパ行性転移)、そして、がん細胞を腹膜にばら撒いたように広がる場合(腹膜播種性転移)があります。リンパ節、肝臓、肺が転移しやすい臓器です。その他、脳転移、骨転移があります。

再発とは?

原発巣を外科手術で切除した後、しばらくの期間をあけて、再びがんが現することを「再発」と言います。再発の原因を考えるときは、がんをミクロのレベルで考慮しなければなりません。手術でがん巣を肉眼的(眼で見える範囲のことです)には全部摘出したにもかかわらず再発してしまうのは、ミクロのレベルでがん細胞が体内に残っていて、そのがん細胞が徐々に、CTや肉眼で認識されるレベルまで大きくなったからです。術前PET検査をしても、ある程度の大きさにならないと検出できません。その意味でがん治療は、手術が終われば終了ではなく、術後のフォローアップが必要なのです。再発は、リンパ節、肝臓、肺、局所、吻合線、腹膜、脳、皮膚、骨などあらゆる臓器にみられます。

再発した場合の症状は?

いずれの臓器に再発しても、かなり大きくならないと症状は出ません。症状が出る以前に画像診断(CT、エコー、MRI、PETなど)で認められたり、腫瘍マーカー(CEA、CA19-9)が上昇してきたりしますが、必ずしも認められるわけではありません。

各臓器での再発の症状について述べます

1.リンパ節再発
かなり再発部分が大きくならないと症状は出ません。ただし、次に述ベる肝転移再発と同時に肝門部(肝臓から十二指腸に胆汁が流れるルート)にリンパ節再発が起こり、かなり大きくなり、肝門部を圧迫すると黄疸が出現します。
2.肝転移再発
再発部分がかなり大きくなると腹部表面から触ることができまりくに、右季肋部に硬い腰痛を触れたり、場合によっては圧迫感、背部痛などが出てくることもあります。肝門部を再発部位が直接圧迫すると黄疸が出現します。
3.肺転移再発
かなり大きくならないと症状は出ません。呼吸困難、血痰、咳などが出現します。

再発が起きた場合はどうするか?

再発形式(どのような形で再発したか)によって治療方針が異なります。再発に対して手術が可能であれば、積極的に手術を行います。具体的には、肝臓や肺に1か所のみ再発巣が認められた場合などが手術の適応になります。逆に、多発肝転移再発などは手術治療の効果が期待できないので、化学療法(抗がん剤)治療が中心になります。各々の症例によって適応の有無は異なるので、専門医の診察が必ず必要です。

再発を早期発見するためには

再発の早期発見のためには画像診断(単純写真、CT、MRI、PETなど)と腫瘍マーカーの検査が必要です。腫瘍マーカーは、病気でない時や良性の病気の時はほとんど産生されず、がん細胞が増加していく過程でがんが出す特殊な物質もしくはがん細胞に他の細胞が反応して特別に産生される物質の総称です。大腸がんの場合、一般的に検査されるマーカーはCEA(がん胎児性抗原)です。進行がんで高くなりますが、上昇しない例もあります。大腸がんだけでなく他の部位のがんでも上昇します。その他によく検査される腫瘍マーカーとしてCA19-9(糖鎖抗原19-9)がありますが、進行がんの場合でも約半数は正常値です。いずれの腫瘍マーカーも大腸がんを早期発見できる検査ではありません。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.