40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
・Shopping  HOME

がんに効く食べ物 - カブ

かぶ

葉もやわらかく、栄養も豊富なカブは、酢のもの、野菜スープ、みそ汁の具のほか、漬けもの、カブラ蒸しなどさまざまに用いられます。葉や茎は即席漬けにするとおいしく、ゴマ油で妙めて甘辛く味付けすると、常備菜になります。原産地はアフガニスタンのあたりとヨーロッパの西南部といわれ、中国を経由して日本に入ってきました。江戸時代には飢饉に備えて全国で栽培されるようになったという。

[ガンに効く成分]
イソチオシアネート カロテン ビタミンC カリウム 食物繊維

かぶは根と葉で栄養成分が大きく異なります。根の大部分は水分ですが、抗ガン成分として呼び声が高いイソチオシアネートを含みます。また、でんぷん消化酵素のアミラーゼをはじめ、さまざまな消化酵素を持ち、消化促進や整腸効果を発揮してくれます。かぶにおいては、根の部分よりもはるかに栄養成分が高いのが葉の部分。葉は緑黄色野菜で抗酸化作用があるカロテンやビタミンC、貧血予防の鉄やカルシウム、体内のミネラルバランスを整えるカリウム、有害物質を吸着して体外に排出させるのに役立つ食物繊維など、ガン予防に必須といえる機能成分を豊富に含んでいます。ですから、かぶは根と葉の両方を食べるのが効果的な食べ方といえます。葉は軽く塩ゆでしたものを刻んで妙め物にしたり、味噌汁の具にするなどで活用しましょう。根は火が通りやすいので、加熱は短時間にします。なお、皮の部分にも貴重な栄養が残っているので、基本的には剥かずに調理することがおすすめ。

消化酵素がいっぱい

さらにカブには、ダイコンと同様ジアスターゼなどの酵素が含まれています。カブは、消化を助け、胃腸の負担を軽くしますから、胃のもたれ、潰瘍、腹痛などさまざまな胃腸症状に用いられてきました。春の七草のスズナはカブのこと。カブのおろし汁は生きた酵素が働き、胃の中に停滞している水分の代謝をうながし、食欲もでてきます。胃腸に冷えがあるときは、カブの煮ものが最適。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.