40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
Shopping  HOME

がんに効く食べ物 - ハクサイ

ハクサイ

鍋ものには欠かせないハクサイ。中国、朝鮮、日本では漬けものにして保存し、野菜の少なくなる冬に備えます。地中海や中央アジアのあたりから、二千年も前の中国に伝わりました。これだけ親しまれているハクサイですが、日本で本格的に栽培されるようになったのは明治末期というのですから驚き。1980年ころまでは、ダイコンに次いで二位の生産量だったハクサイですが、その後、どんどん生産量が減っています。冬になると何でもハクサイだった昔とは違い、流通が便利になり、全国の野菜がどこでも食べられるようになってきたことも関係するのでしょうか?、キャベツにおされぎみでもあります。若い人たちの漬けもの離れも考えられます。核家族化、収納スペースの問題などもあります。また、重いハクサイの収穫には相当な体力が必要というこれも深刻な問題です。

[ガンに効く成分]
ビタミンC カリウム カルシウム マグネシウム 亜鉛 イソチオシアネート 食物繊維

栽培技術の向上で年中出まわるようになりましたが、冷涼な気候を好む白菜の旬は冬。年の始め頃に出まわるものが甘みが強く、一番おいしい時期といえます。成分の95%は水分ですが、自葉に含まれるビタミンCやカリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラルは、免疫力を高める貴重な栄養分です。とくにカリウムは、塩分摂取によってナトリウム傾向に偏った細胞内のミネラルバランスを改善し、老化した細胞やガン化しつつある細胞を正常化するのに一役買っています。アブラナ科野菜に含まれるイソチオシアネートのガン予防効果も見逃せません。食物繊維が豊富で、その上低カロリー。飽食時代の健康野菜としてダイエットはもちろん、大腸ガンなどの予防が期待されています。シャキシャキとした食感とクセのない淡白な味わいから、煮物にしたり、鍋料理、妙め物、蒸し物など、さまざまな食べ方ができます。水溶性の栄養素が多いので、水分とともに溶け出した栄養たっぷりのおつゆもいただくようにしましょう。

二日酔いにも効果

ハクサイジュースは二日酔いの妙薬。口の渇きをいやし、肝臓の働きを強め、アルコールの代謝を速めます。ハクサイはアクが少ないので、アレルギー体質の人でも食べられることが多く、やわらかく煮込めば病人でも虚弱体質の人でも食べられる野菜です。油にもよく合い、他の材料とゴマ抽などで妙めてから味をつけ、水溶きの片栗粉を加えれば中華風、ホワイトソースで煮込めば洋風になります。細くきざんでサラダに。塩もみして一夜漬け。硬いところは軽くゆでてから水分をしぼり、甘酢などにつけて食べましょう。ハクサイ料理には、パセリ、シュンギク、ホウレンソウ、ニンジンなどの緑黄色野菜を組み合わせ、いっしょにいただきたいです。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.