40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
Shopping  HOME

がんに効く食べ物 - 海藻類

海藻類

「海の野菜」と呼ばれる海藻には野菜と同じようにたくさんのミネラルやビタミン、食物繊維などが含まれています。日本人は昔から、海藻などの海の幸を上手に食生活にとり入れてきました。それが世界一の長寿につながっているのかもしれません。海藻を食べる習慣のなかった欧米でも、日本食に学べと、人気が高まっているそうです。

[ガンに効く成分]
カリウム ヨード 食物繊維

海藻類に多く含まれるミネラルは、身体の成長や代謝に欠かせない栄養素であり、古来より風土病から日本人を守ってきました。近年では、海藻類の多糖体にガンの予防効果があることがわかり、見直されています。海藻は欧米では食用にする習慣が少なく、英語では一般的に「Sea weed(海の雑草)」と呼ばれていましたが、近年のヘルシー志向から海藻を身体によい食材として食べる機会も増えており、「Sea vegetable」(海の野菜)」と呼んで重宝するようになっています。海藻の代表格である昆布には、カリウムやカルシウム、ヨード、鉄などのミネラル類が含まれています。注目すべきは海藻類の中でもヨードを豊富に含むこと。ヨードはヨウ素とも呼ばれ、甲状腺に集まって甲状腺ホルモンの材料となります。甲状腺ホルモンは、新陳代謝をさかんにする働きがあることから、ヨードはガンの治療食として評価されています。ただし、甲状腺ガンの方は、ヨードを多く含んだものをとってはいけません。食物繊維のフコイダンやアルギン酸(水溶性)、セルロース(不溶性)も豊富で、コレステロールやナトリウムを吸着して体外に排泄させることもガン予防につながるものと考えられます。ぬめり成分のフコイダンにはふかつ血液中で免疫賦活作用を発揮するインターフェロンを増やし、ガン予防に効果があると期待されています。しかも、ガン細胞にプログラミングされているガン自らが死滅する働き(アポトーシス)のスイッチを入れる作用も認められています。さらに、カリウムがナトリウムの2倍も含まれていて、細胞内外のミネラルバランスを調整し、ガン化した細胞を正常化させることに役立つと言われます。

コンプ - がんになりにくい体に

コンプには、乳がんだけでなく、大腸がんになりにくくする働き、がんの進行を遅らせる働きなどが認められています。さらにコンブには高血圧症や動脈硬化を予防する、心臓の働きを活発にするなどの循環器に対する働き、新陳代謝を改善し、便秘を防ぎ、老化を防止するなどの働きがあるといわれています。コンブはコンプ巻きや佃煮は保存がきき、お弁当のおかずにもなります。

ワカメ - 動脈硬化の予防に

ワカメと豆腐のみそ汁は、しっかりした骨をつくり、動脈硬化を予防する健康食です。ワカメはビタミン類やカルシウム、鉄分、ヨウ素などを多く含みます。がん抑制効果も認められていますが、それはたくさんのがん抑制物質が相乗的に働いているためだろうといわれています。ワカメは、中華風のスープやコンソメスープにもよく合います。酢のものやさっぱり味のサラダ、ふりかけなどにすると、食物繊維が豊富で便通もととのい、ダイエット食になります。

ノリ - 潰瘍を防ぐ

日本のどこにも、ノリを用いた郷土料理があると思います。ノリには潰瘍を防ぐ、細菌の増殖を抑える、血液をサラサラにするなどの働きがあることがわかっています。フノリは、みそ汁などにパラパラ入れるだけで、磯の香りがいっぱいです。前立腺肥大症、高血圧症、リウマチなどの痛みにも用いられます。ヒジキ、フノリなど、いろいろな種類の海藻にチャレンジしてみましょう。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.