40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOME

歯の悩み - 部分入れ歯について

義歯(入れ歯)には「部分入れ歯」と「総入れ歯」があります。まずは部分入れ歯から説明します。部分入れ歯は抜歯後の残存する歯では噛む力を支えられない場合や健康な歯を削ってブリッジをかけたくない場合に適用します。ブリッジに比べても適用範囲が広く、ほぼどんな症例にも対応できます。また、症状の進行によっては付け足すなど小回りのきく処置が可能です。部分入れ歯の形状は、歯茎の色をした「床」と呼ばれる土台に、プラスチックや陶材で作られた人工歯が乗っています。健康な歯にひっかけて支えるグラスプ(鈎)という留め金と、離れたところの床と床をつなぐ「バー」によって構成されています。入れ歯の欠点はなんといっても異物感です。これが理由でストレスをためる高齢者も多いようです。また、噛む力が健康時と比較しても30%~40%に落ちてしまいます。これも磁石でくっつけるタイプの入れ歯、人工歯や床が特殊なものは保険外になってしまいます。そして、すべての歯を失ってしまったら、総入れ歯となります。もはやバネをかける場所はありませんので、床は吸盤式のものとなります。装着感を工夫した総入れ歯は保険外です。

部分入れ歯

部分入れ歯

失った歯が複数本以上の場合や1本でも一番奥の歯の場合は、ブリッジをかけることができないので、入れ歯かインプラントの選択となります。取り外せないブリッジに対して、「取はずしができる有床義歯」が入れ歯です。
有床義歯の「床」は、義歯床といわれるもので、その床で歯ぐきを挟んで安定させます。部分入れ歯で一番多いのは、近くの健康な歯にクラスプという金属のバネをかけてその弾力を利用して取り外せるようになっているタイプのものです。上顎か下顎の部分入れ歯で両奥歯を失っているときには、その2つをプラスチックでつなぎます。

支えになる歯に負担が相当かかります

部分入れ歯は残っている歯を削らずに済みますし、食事のあとははずしてきれいに洗うことができます。しかし、安定性の面からいうと、食べ物をかんだときに、どうしても少し下がるので、クラスプを通して土台の歯に負担がかかってしまいます。長期間使うことで、だんだんと土台の歯への負担は大きくなり、歯が動きやすくなったり歯周病のリスクも避けられません。そのほか部分入れ歯の欠点としては、着脱が面倒なこと、口をあけたときにクラスプが見えるので入れ歯を入れていることがわかってしまうこと、両奥歯を失っているときは、内側の部分が舌に当たっていつも違和感があることなどがあげられます。土台にする歯に金属のクラウンをかぶせ、その上に外冠のついた入れ歯をかぶせるテレスコープ義歯や、入れ歯に凹部、受け入れる歯(健康な歯)に凸部をつけ、両者をホックのようにはめて連結させるアタッチメント義歯など、普通の部分入れ歯の欠点をカバーするものもあります(保険適用外)。

部分入れ歯もメンテナンスを

健康な歯にたよってかむ力を保つのが部分入れ歯です。歯とアゴの粘膜でかんだときの力を負担するので、粘膜の消耗は大きく、アゴの土手もやせてきます。治療後も、3~6か月ごとに歯科を受診して歯の状態をチェックしてもらいましょう。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.