40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOME

歯の悩み - インプラントの治療

インプラントの治療にかかる期間は?

インプラントの治療にかかる期間についても、失った歯の本数、塩入する場所、口内環境などによって個人差がでてきます。また、インプラント治療には一回の手術で歯部分の装着前の段階まで進める「一回法」と、インプラントを埋入した後に骨との結合を待ってから再切開をして歯部分を装着する「二回法」とがありますが、それぞれの選択法によっても治療の期間は異なります。一般的には、インプラントを埋入してからの安静期間(治癒期間)にかかる時間が治療期間の差を生むといわれています。安静期間の目安としては上顎で約3~4ケ月、下顎で約2~3ケ月でしょう。この安静期間でインプラントと骨が結合するのを待つことになります。二回法の場合は、そこから支柱となるアバットメントを装着します。アバットメントとは、インプラントと歯部分を最終的につなげる役割を果たすものです。そして、このアバットメントを取りつけてから歯茎が治るまで約1~6週間はそのままにしておきます。前後しますが、インプラントを埋入してから安静期間までの時間も約1~2週間かかるでしょう。これは抜糸するまでの時間と考えてください。つまり、最短で約2ケ月ほど、半年かかる方もいれば1年かかる方もいるということです。最新の治療技術からは、「即時荷重」や「早期荷重」という治療法も生まれました。いずれも、顎の骨の状態が適切な状態であるならば治療が短い期間で済むというものです。顎の骨量、骨密度、埋入するインプラントの本数、埋入するときの初期固定の強度などが一定の条件を満たしていれば通常よりも早期の治療期間が見こめます。即時荷重とは、インプラントを埋入するときに支柱となるアバットメントを取りつけて、上部の構造を約1ケ月で固定する方法です。仮歯はインプラントを埋入する日に装着します。したがって、当日から仮歯で食事ができるようになります。早期荷重とは、インプラントを埋入した後に比較的早い段階で上部の構造を装着する方法です。下顎で約2ケ月程度、上顎で約3ケ月程度で可能といわれています。以上、いろいろな場合を見てきましたが、急いでインプラントの治療をすることは物理的に不可能なことではありません。ただ、残っている歯の状態や歯周病の有無など状況は人それぞれですから、治療のペースも違って当然ではないかと思います。安全な治療のために、まずは綿密な治療計画を立てることからスタートしましょう。

インプラントの手術は、痛くて難しい?

インプラント 手術

インプラントの治療には手術が必要です。一見、そう聞くと「手術しなくてはならないなんて怖い」と思われる方もいらっしゃると思います。インプラントを埋入するためには骨に穴をあける工程が含まれるので、その様子を想像すると多少の恐怖心が生まれるのは避けられないことなのかもしれません。ところが、実際にインプラントの手術を受けた後の感想を聞くと、ほとんどの方が「思っていた以上に簡単なもので驚いた」といいます。手術が簡単になった理由と、もっとも気になる事柄のひとつ、手術に関する「痛み」についてみていきましょう。インプラントの手術は、歯科医院でおこなわれるさまざまな外科手術の中でも痛みや腫れが少ないことが特徴です。進行した歯周病の手術や虫歯の抜歯と比較しても、その差は歴然としています。これは、インプラントの手術が炎症のおきていない健康な粘膜や骨に施術するものということも理由のひとつでしょう。また、外科的なリスクもできるだけ少なくするような工夫も日々開発されています。たとえば、3DXマルチイメージングマイクロCTという装置では10分の1ミリメートル単位の精密な検査ができるので、より安全で確実な治療や手術が可能になります。これはⅩ線の量も一般のCTの約50分の1で済むという優れた機械ですが、何より素晴らしい点はl回の撮影で三次元画像が得られることです。このことにより治療する部分の歯や骨の状態を精密な部分まで確実に把握することが可能になります。どの方向でどのくらいの深さにインプラントを埋入するかなど、患者さんに合った治療計画を立てることで負担の少ない手術がおこなえるのです。インプラントを埋入する手術自体にかかる時間も短く、歯科医院にもよりますが1本の場合、約15~30分で済んでしまうケースもあります。手術に際しての痛みもほとんどないといっていいでしょう。基本的には、一般的な歯の治療と同じで、局部麻酔をおこないますのでほぼ無痛で処置できます。最近では、緊張をやわらげるための鎮静法もいくつか準備しているところもありますので、治療の前に相談してみるのもおすすめです。インプラントの手術は、一回法でも二回法でも入院は必要ありません。手術後は、すぐにお帰りいただけます。

治療後のお手入れ方法は大変ですか?

インプラントのお手入れ方法は非常にシンプルです。自分の歯のお手入れをしっかりできている方なら、何も心配はいらないでしょう。もともとインプラントの形状はさほど複雑なものではないので、天然の歯よりも汚れが付着しにくく、ブラッシングも比較的簡単にできます。自分の歯の場合と同じように定期的なプラークコントロールは必要になりますが、それは特にインプラントに限ったメンテナンスということでもないでしょう。プラークコントロールとは、ブラッシングや歯石除去のように、虫歯の原因となる口内の歯垢をできるだけ取りのぞくことをいいます。また、インプラントには神経が通っていないため、仮に感染症が起こったとしても痛みなどの自覚症状が出にくいことがありますので定期的な検診が必要になります。ほかにも、インプラントはチタンで作られているため、虫歯にならないことも大きな特徴でしょう。しかし、インプラント自体は虫歯にならなくても、毎日の適切なブラッシングを怠った場合、天然の歯でいうところの歯周炎と同じように、インプラント周辺に炎症が起きる「インプラント周辺炎」を患うケースもあるので注意しましょう。いずれにしても、インプラントの治療後のお手入れは「定期的な検診」と「適切なブラッシング」ということにつきると思います。「定期的な検診」については、虫歯のない健康な歯の持ち主にも同じことがいえます。毎日しっかり磨いているつもりでも、自己流のブラッシングではどうしても磨き残し部分が出てしまったり、歯石がついてしまったりします。前述のとおり、インプラントには神経が通っていないため、力加減がわからず強く磨きすぎて炎症を起こしてしまっている場合もあります。そのようなことをチェックするためにも、定期的な検診をぜひおこなってください。そのほか、定期的な検診では咬み合わせの調整もします。検診のペースは、半年に一度を目安にするといいでしょう。「ブラッシング」については、インプラントの治療が終了した時点で担当医に具体的なアドバイスを受ける必要があります。口腔内の状態、インプラントや補綴の種類と形状によって清掃方法も、ひとりひとり微妙に異なってくるからです。通常の歯ブラシのほか、歯間ブラシやデンタルフロスを使用して効果的にメンテナンスをおこなう場合もありますが、いずれもこれから長く付き合っていく歯のためには必要な習慣でしょう。

費用はどれくらいかかりますか?

「インプラントは費用がかかる」こうした声を聞いたことはありませんか?治療の内容によって費用は変わってくるものなので、一概にお伝えすることは難しいのですが、一般的に考えて1本あたりのインプラントの治療費は約30~50万円といわれています。保険が適用されないので自費扱いになるため、どうしてもこの程度の費用がかかることになります。(ただし、医療費控除の対象にはなります。)この場合の治療にかかる費用とは、手術費用と上部構造を含めたもののことを指します。費用が変わる際に考えられるのは以下の要素でしょう。

治療の費用に差違が生じる理由

・治療計画(治療が必要な歯の本数、など)
・治療部位(上顎か下顎か、奥歯か前歯か、など)
・口腔内の状態(すぐにインプラントの治療をスタートできる状態か、など)
・顎の骨の状態(造骨の必要があるか、など)

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.