40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOME

歯の悩み - 骨の再生

インプラント治療をしようという人は、虫歯や歯周病、事故など、なんらかの原因で歯を喪失しているわけですが、歯がないままにしておくと歯肉が痩せてしまい、インプラント治療に支障をきたす場合が出てきます。歯根部はもともと歯肉の下の歯槽骨の中にあったため、歯が抜けるとその空間を埋めようと、次第に周囲の歯槽骨が吸収されてへこんでいきます。歯槽骨に合わせて歯肉もへこんでいきますから、歯肉の位置は健康な歯があったときとは明らかに異なってくるのです。インプラント体を埋め込む位置や角度は、治療後の使用感やインプラントの寿命に大きな影響を与えます。したがって、歯槽骨が不足して歯肉が痩せている場合などは、あらかじめ骨の再生手術を行うことになります。また、健康な歯肉を増やすために、歯肉の再生を行うこともあります。骨を再生する方法には、次に紹介する骨再生誘導法、サイナスリフト(上顎洞底部の骨量増大)などがあります。どの技術を採用するかは、インプラント体を埋入する部位や患者さんの骨量の不足状態によります。

ラテラルウインドウ法

ラテラルウインドウ法
上顎洞の側面に窓をあけて、そこから移植用の骨(大量に必要な場合は腰骨を使用)をつめる方法。歯槽骨頂から上顎洞までの高さが極端に少ない場合に適用されます。

オステオトーム法

オステオトーム法
骨の高さが5ミリ以上、幅が6ミリ以上ある場合は、専用の槍のような器具を使って、上顎洞内へ骨を移植します。それと同時にインプラント体を埋入する方法です。

骨移植

骨移植は外科手術なのですが、その目的がインプラントの補助的意味合いが強いため、この場所で説明します。インプラントを成功させるには、歯槽骨の適切な量と幅が必要です。歯の根として太いボルトをザックリと差し込むわけですから、その土台が弱ければ、ボルトはたちどころに抜けてしまいます。ついでに土台も壊れてしまいます。その土台を強くして、ボルトがきちんと刺さるようにする方法のひとつが骨移植です。骨移植とは、具体的には、歯周病などで歯槽骨の吸収が進んでいる部分に、口の中のほかのところから骨を切り取ってきて、該当する部分に移植して癒合させる処置です。これで土台の骨を強固にしてインプラントを安定したものにします。骨移植を行わなければならない原因についてお話します。歯周病が重症になって抜歯すると、その部分の歯槽骨の吸収が促進します。歯槽骨と歯は組織的に支えあう関係にあり、どちらかが失われると一方にも悪影響が及びます。上顎洞もインプラントの妨げになることがあります。鼻腔とつながるこの空洞も骨に覆われているのですが、この空洞が生まれつき下の方に位置している人がいます。必然、口と上顎洞の間の骨が薄くなり、インプラントを支えられなくなってしまいます。対処として、上顎洞の下の部分に骨を移植して、底を厚くする処置を行います。これをサイナスリフト法といいます。この手術は歯槽骨の横に穴を空けるので、治癒にも時間がかかります。処置してから骨が造成されるまで約6カ月はかかります。入れ歯を長期にわたって使用していると、その入れ歯がほんのちょっとでも適切でなかった場合、様々な方向へ不要な負担をかけることになります。その結果、水平的な骨吸収が促進されることもあります。その部位に対して骨移植を行うことで、入れ歯の安定を取り戻すことができます。骨移植の手順としては、まずは入念な検査を行います。骨の量、幅、形をレントゲンや口腔の模型から割り出していきます。大臼歯などは、根が2本以上あるので、歯槽骨がある程度吸収されていても簡単にぐらついたりしません。そのようなことで見落としをしないよう、ここはかなり細かくチェックしていきます。移植部位もよく検査します。虫歯や歯周病の感染があると、移植した骨が癒合しません。また外科処置の際、体内に感染する恐れがあります。病巣がある場合は、それをまず治療してから移植に移ります。手術はまず、患部に局所麻酔を施し、骨の採取に入ります。主に骨を採取する部位はオトガイ部(下顎の中央部)または下顎枝部(下顎の親知らずがある位置の奥)です。歯肉切開後、ドリルやノミで歯槽骨を削って採取します。ブロック状のものと、粉々にしたものを2種類採取しておきます。採取後は歯肉を縫合して、そのままにしておきます。歯槽骨が健康ならしばらくすると修復されます。採取した骨を、不足部位に移植していきます。まず、ブロック上のものを不足している部位に移植し、チタン性のピンで止めます。その周りに粉状の骨を詰めていき、回復時の形状に合わせて整形します。最後にGTR法でも使用されたメンブレン(人工膜)で表面を覆い歯肉を縫合して終了です。手術後は1週間ほど、歯茎が腫れたり痛みを感じたりしますが、予想される症状なので問題ありません。処方された痛み止めを適切に服用していれば耐えられる程度のものです。内出血を起こして顔に斑点が生じることもありますが、これも2~3週間で改善されます。移植後、順調な骨の癒合が確認された場合、インプラントの手術を開始します。だいたい移植して4カ月~8カ月が目安となります。

骨再生誘導法(GBR法)

骨再生誘導法(GBR法→Guided Bone Regeneration)は、GTR法を骨組織に応用した外科的処置です。これも先ほどの骨移植と同じで、歯槽骨の欠損を補い、インプラントの成功率を高めるのが主な目的となります。歯槽骨の欠損部に軟部組織(歯肉や粘膜、結合組織など柔らかい組織)が入り込むと、骨の修復に支障をきたします。そうした修復の障害となる因子を患部から排除して、修復のスペースを確保するのがこのGBR法です。これは人工膜で骨の欠損部を覆い、軟部組織の進入を遮断することで、スペースを確保します。理論がGTR法と似ています。基本的な理論は形成外科の領域で考案されたようですが、それをヒントに歯科の世界でGTR法が臨床に応用され、GBR法に発展した経緯があるようです。GBR法では、使用する人工膜は非吸収性のものが中心となります。吸収性のものだと、目標の骨量を得られる前に膜が吸収される可能性が高く、コントロールに問題があります。非吸収性の膜だと手術後6カ月~8カ月後に再手術で除去します。この非吸収性の膜には再手術を前提として、薄いチタンを組み合わせたものも登場しています。硬組織に使用する膜なのでうぶれる可能性が高く、そうなると再生骨量が不足してしまいます。チタンで保護することで、より確実な効果を得られます。インプラント埋入の際、歯槽骨が損傷する場合があり、これにもGBR法は適用されます。大きく二つのタイプがあります。ひとつは、インプラントを埋入した際、頭項のネジ山が角度が悪くて露出してしまった場合で、これを裂開型欠損と呼びます。これには露出部に人工膜を張り、修復を図る処置をとります。もうひとつは、インプラント埋入の角度の問題で先端部が歯槽骨の下の方に窓のような穴を空けて露出してしまう状態で、開窓型欠損と呼びます。この部分は人工膜が張りにくいので、チタン強化膜をスクリューピンで固定したりします。抜歯後、直後にインプラントを埋入する処置の際、GBR法を通用します。インプラントの処置では本来、抜歯部位にドリリングで骨整形を行い、キチンとした形のスペースを作ってからインプラントを入れます。しかしこの方法だとかなりの期間を要します。抜歯後に同時にインプラントの処置を始めると、治療期間を短く抑えられます。通用となるのは感染のない歯根破折などで抜歯をする患者さんです。まず、抜歯部にフィクスチャーの初期固定を行います。固定が確認されたら、人工膜を取り付け、癒合を待ちます。この方法は化膿性炎症のある部位には行えません。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.