40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOME

歯の悩み - 歯科医の選び方

歯医者

ここまで読んで、実際にインプラントの治療をはじめてみたいと思ったとき、さてどこの歯科医院に足を運ぼうと思われるのでしょうか。いつも通っている歯科医院、知人の方の紹介、ネットの口コミやご近所の評判などなど・・・。選択肢はさまざまあると思います。インプラントの治療は、どこの歯科医院でも受けられるというわけではありません。いつも虫歯などインプラント以外の治療でかよい慣れた歯科医院がインプラントの治療をおこなっていない場合は、はじめてのところへ行かなければなりません。これは、いくら知人の紹介とはいえ、なかなか勇気がいることだと思います。差し歯、ブリッジ、入れ歯は、歯科医なら誰でも行っている治療法ですから、みなそれぞれに研究もし経験も積んでいますし、患者さんのほうもどんな治療が行われているか、治療がうまく進んでいるかどうか、わかると思います。しかし、インプラント治療ともなると、体験した人もそう多くはありませんから、生の情報は入りにくいかもしれません。また、長いつき合いになりますから、歯科医との相性というのも大切です。いくら技術が優れているといわれても、話がしづらい、なんとなく信頼が持ちにくい…などの感覚がつきまとっていては困ります。ましてや技術的な面はなかなかわかりにくいものです。となると、やはり、実際に治療を受けた患者さんたちによる評価や評判というのは、ポイントの高い判断材料となるでしょう。ここでは、そんな方のために歯科医院選びのアドバイスをお話ししたいと思います。もちろん、口腔内の状況によって、地域によって、条件は違ってくると思いますのであくまでも参考程度にしていただけると幸いです。

入れ歯やブリッジの評判は目安になる

歯科インプラントが安全で効果的な治療として認知される以前は、歯を失った場合の治療法として、取りはずしの入れ歯(部分入れ歯や総入れ歯)やブリッジが研究開発されてきました。これらの治療法は現在でも治療の中核として、歯科大学や歯学部の教育課程でも根幹をなしています。歯科インプラントは、従来の治療方法と比較して、技術的には確かに高度な一面を持ち、安全で満足のいく結果を残すためには十分な教育と経験を積む必要があります。では、従来のブリッジや取りはずしの入れ歯が簡単な治療法であるかといえば、決してそんなことはありません。とくに取りはずしの入れ歯などで、患者さんの満足のいく治療効果を得るためには大変高度な技術が要求され、むしろ歯科インプラント治療よりも難しいといえるかもしれません。したがって、インプラント治療を希望して歯科医を選ぶとき、従来の治療法での評判も十分に目安になると思います。

必要な設備が整っている環境か

CT検査

インプラントの治療は、一般の歯科治療以上に高度な外科手術もおこないますので徹底的な衛生管理がおこなわれている清潔な診療室が必要不可欠です。治療器具に対しての滅菌消毒も同様、徹底した管理のもと信頼して治療に専念できる環境が必要です。また、インプラントの治療において最重要課題となる顎の骨の量や状態を細かく把握するための「CT検査」を導入している歯科医院もおすすめします。そして、もうひとつ大切なことは、その歯科医が協力可能なネットワークを持っているかということです。設備にしてもレントゲンはさておき、CTやMRIなどの最新設備はどこにでもあるわけではありませんから、詳しい検査をするために大学病院などとスムーズな連携ができるかということも、大切な判断基準になります。また、患者さんが本や資料で得た知識で、「全体のレントゲンやCTを撮ってほしい」と頼んだとき、一方的に「それはいらない」というような歯科医では困ります。「事前にCTを撮らなければいけない」というガイドラインはありませんが、CTによって神経の位置や骨の形もわかりますので、決してムダにはならないはずです。

アフターケアについて

インプラントの治療が終わった後も歯科医院とのお付き合いは続くことになります。車にも車検があるように、インプラントにも定期検診が必要です。これからの長い一生をインプラントとともに快適に過ごしていくためにも定期的なメンテナンスはおこなわなければなりません。「炎症は起きていないか?」「咬み合わせはうまくいっているか?「周りの歯とのバランスはどうか?」「残っている歯の状態はどうか?」など、ひとりひとりの状況に合わせて診察はおこなわれます。インプラントの治療計画が続く場合はもちろん、新たになにか別の問題が発生した場合でもすみやかに対応できるように定期検診には必ず行くようにしましょう。逆に、「インプラントの治療が終われば二度と来なくても結構ですよ」というような姿勢の歯科医院の方が心配になります。いずれにしても、治療を受ける側の立場で話し合える歯科医院がよい歯科医院といえるのではないでしょうか。そのほか、技術的な面でGBR法などの骨の移植手術の経験の有無、費用のことを明確に話し合えるところ、ブラッシングや予防にも力を入れているかなど、細かくチェックできる側面はたくさんあります。すべてが備わっていることがベストなのは当たり前ですが、最優先すべき事柄は何かを明確にして、もっとも自分に合った歯科医院選びをおこなってください。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.