40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOME

歯の悩み - ブラッシングについて

予防ができるにもかかわらず虫歯が絶えてなくならないのはなぜでしょう?原因のひとつは「歯みがき」にもあるのではないでしょうか。「自分でおこなう虫歯予防のための方法」という意識で歯みがきをしている方は少ないと思います。単なる朝晩の習慣のひとつとしての歯みがきでは、どうしてもみがき残しが出てきてしまいます。毎日の積み重ねが大切になってくる歯みがきだからこそ、正しいブラッシングの方法を改めておさらいしましょう。

パス法

主に歯と歯茎をみがく方法で、歯茎のマッサージや歯周病の治療や予防に効果的なブラッシング方法だといわれています。ポイントは毛先の比較的やわらかい歯ブラシを使用すること。プラークの付着しやすい歯と歯茎の境目の歯周ポケットの部分の清掃を重点的におこないます。歯に対して、歯ブラシを45度の角度で当てます。毛先を歯周ポケットの中に入りこませるようにして、細かい振動を与えるように丁寧にみがいていきます。

スクラビング法

主に歯の表面と、歯間をみがく方法で、歯肉炎にはじまり歯周病の治療や予防に効果的なブラッシング方法だといわれています。歯に対して、歯ブラシを90度の角度で当てます。そのまま6~9ミリメートルの幅で細かく小刻みに動かします。ポイントは、毛先を歯に強めに押しあてて、できるだけ小刻みな振動を与えるようにみがくこと。毛先が歯と歯の隙間に届いている感覚があれば十分にみがけている証拠です。

立てみかき

歯並びのよくない人におすすめのみがき方です。1本の歯を6面体の円柱と見立てて「表正面」「表右」「表左」「裏正面「裏右」「裏左」の6パターンでみがいていきます。歯ブラシを立てに持って細かくみがいていきましょう。

むし歯予防にはローリング法

歯周ポケットに斜め45度に、毛先の細い歯ブラシを当て、細かく動かすようにブラッシング…世の中でいつのまにかまかり通っているこのバス法といわれるブラッシング法。これは、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間)の清掃や歯ぐきのマッサージが目的で推奨されているようですが、歯の状態が健康な人に歯周ポケットはありませんし、歯周ポケットがあったとしてもそれで汚れは落ちません。むし歯予防に最も理想的な磨き方ではないのです。
むし歯の原因になる細菌は、歯にべったりと付着する性質があります。たとえば、鍋にこびりついたコゲは、やわらかいスポンジでいくらこすっても落ちないですよね。ふつうは硬いタワシなどでこそげ落とそうとするのではないでしょうか?歯の細菌を落とすのも、実はそんなイメージです。歯ブラシはなるべく硬いものを選び、歯の椒のほうから先に向かって、90度回転させるように磨きます(ローリング法)。ローリング法は硬い歯ブラシで行わなければ意味がありませんし、逆に、硬い歯ブラシでバス法のように磨くと、いっぺんに歯肉を傷めてしまいます。この方法で食後に毎回3~5分磨くのが基本です。歯磨き粉はとくに必要ありません。液体のマウスウオッシュは、口臭予防の点では効果が期待できますが、歯磨きに使う必要性はあまりありません。歯に着色汚れ(ステイン)がついて気になるときには、スティンを除去する成分の入った歯磨き粉を一時的に使ってもよいでしょう。自力で磨くことができれば、電動歯ブラシも必要ありません。かなりシンプルですが、歯磨きはこのやり方だけで十分なのです。

ローリング法1 ①ローリング法では、なるべく毛先が硬い歯ブラシを選ぶこと。歯ブラシの側面を歯と歯ぐきに当てる。毛先は歯と歯ぐきを痛めるので当てないように注意。
ローリング法2 ②毛の側面を歯と歯ぐきに押さえつけるようにしながら歯ブラシを回転させる。上の歯は上から下へ、下の歯は下から上へ外向きに回転させるように。2~3本ずつ数回くり返す。
Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.