40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
HOME

歯の悩み - ブリッジにする

不幸にも歯周病などで歯を失うことになった場合、どのような処置法が考えられるでしょうか。歯を失った場合の処置法
1.ブリッジにする
2.入れ歯にする
3.インプラントにする
4.何もしない

大きく分けて、この4つの選択肢が思い浮かびます。それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。まず、「4.何もしない」は論外です。それまで岐み合っていたはずの歯が1本でもないとバランスは崩れ、岐み合わせに支障をきたすようになります。そして徐々に、失った歯のスペースに隣の歯が移動しはじめ、果ては隙間が埋まるほど歯並びに変化が生じます。そうした歯の移動にともない、残っている歯の歯間にも隙間ができて食事の際に食べ物が詰まりやすくなったり、虫歯ができやすくなったりすることが予想されるでしょう。つまり、抜歯した状態のまま放置しておくことは、デメリットはたくさんあってもメリットはまったくないのです。

「1.ブリッジにする」は、どうでしょう。ブリッジ(または1本義歯)は、失った歯に隣接する両脇の歯にかぶせてスペースを埋める方法のことです。ブリッジをするには、支える歯が2本以上必要になります。支える歯にかかる負担は通常の場合と比較して1.5倍。その分、将来的な耐久性にもリスクがともないます。そして、なんといってもブリッジの最大の問題点は、1本の失った歯のために2本以上の健康な歯を削らなくてはならないことでしょう。小さく削った両脇の歯にかぶせることで義歯を支えるブリッジは、隣接している歯にどうしても負担がかかります。また、歯の外側の層はエナメル質という身体の中でももっとも硬い組織で形成されていますが、ブリッジにするためには、両脇の歯のエナメル質の部分を削って小さくしなくてはなりません。エナメル質を削ると、金属と歯や歯肉の間に段差や隙間ができて食べ物のカスが詰まりやすくなり、虫歯や歯周病の原因になる可能性があります。ブリッジにするメリットは、それなりの費用をかければ見た目の仕上がりが美しいという点です。

ブリッジ

ブリッジを長持ちさせるには

支えにしていた歯が使い物にならなくなれば、ブリッジの運命も絶えてしまいます。橋桁が倒れれば橋も崩れるということです。支えにしている歯は削ってかぶせる治療をしているので、むし歯や歯周病のリスクも高くなります。支えにしている歯の健康を守るのが、ブリッジを長持ちさせる方法なのです。6か月に1度は歯科を受診し、汚れやすいところは歯科できれいにしてもらいましょう。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.