40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
・体験談   HOME
vol.2 大腸がんはどんな病気か
vol.3 大腸がんの自覚症状
vol.4 大腸がんの検査
vol.5 大腸がんを確定する検査
vol.6 大腸がんを確定する検査2
vol.8 大腸がんの治療
vol.9 開腹手術と腹腔鏡手術
vol.10 人工肛門
vol.11 放射線療法・抗がん剤治療
vol.12 がんの再発と転移
vol.13 手術後・退院後の食事
vol.14 手術後の日常生活

大腸がん - 大腸がんの治療 病期(ステージ)

大腸がんは進行の度合いによって、選ばれる治療方法が変わってきます。どの治療方法を選択するかを判断する際には、病期(ステージ)が使用されます。病期とは「病気の進行を症状によって区分した期間」のことです。つまり大腸がんの場合は「検査などで判明したがんの進行の程度」を意味します。
病期は0期、I期、Ⅱ期、Ⅲ期、Ⅳ期の5つに分類されます。0期に近ければ、まだそれほど進行していない初期の大腸がんだということになります。逆にⅣ期に近づくほど、進行しています。進行度を把握するためのポイントは3つあります。ひとつめは「大腸の壁にどれだけ深く入り込んでいるか」。大腸がんは、大腸の壁の最も内側にある粘膜から発生します。最初は粘膜のなかにとどまっているのですが、それが壁のどのあたりまで入り込んでいるかが、進行度を判断する基準になります。このどこまで入り込んでいるかを深達度(しんたつど)と呼びます。ふたつめは「リンパ節への転移があるか」。体内で排泄された物質を運ぶ液体をリンパ液といいます。そのリンパ液が通る管をリンパ管といいますが、このリンパ管同士がつながるリンパ節に、大腸がんが転移することがあります。リンパ節に転移すると、がん細胞がリンパ液によって運ばれていき、さらに離れたリンパ節へと転移していきます。3つめが「ほかの臓器への転移」です。これらの3項目から判断し、がんが大腸の粘膜にとどまっているものを0期、がんが大腸壁の筋層にとどまっているものをI期、がんが筋層を越えて広がっているもののリンパ節には転移していないものをⅡ期、リンパ節に転移しているものをⅢ期(転移が3個以下のものをⅢa、転移が4個以上のものをⅢbと分けることもあります)、腹膜、肝臓、肺などへの転移があるものをⅣ期と分類しています。

大腸がん深達度
ステージ 症状 5年生存率
0期 粘膜中にとどまっている 94%
Ⅰ期 筋層にとどまっている 91.6%
Ⅱ期 筋層を超えて周囲に広がっているが、リンパ節への移転はない 84.8%
Ⅲ期a リンパ節の移転が3個以下 77.7%
Ⅲ期b リンパ節の移転が4個以上 60%
Ⅳ期 腹膜、肝臓、肺など離れた臓器に移転している 15%前後

ある病気の予後(回復時期やその見込み)を測るための指標として「5年生存率」というものがあります。診断から5年が経過したときに生存している患者の比率を示したものです。がんと診断されてから5年後に生存していれば、治療によってがん自体は治ったと考えられます。

早期がんと進行がん

よく「早期がん」「進行がん」という言い方をしますが、壁深達度との関係で言いますと、日本では粘膜下層までの浸潤でおさまっているがんを早期がんといい、それより深く固有筋層や漿膜下層、漿膜および他臓器に直接浸潤しているがんを進行がんと呼んでいます。一般的に、粘膜または粘膜下層の浅層(粘膜下層1mm以内)にとどまる早期がんならば内視鏡によるがん切除が可能です。粘膜下層の深層(粘膜下層1mm以上)の早期がんおよび進行がんになると外科的切除が必要になります。5年生存率(治療から5年たって再発や転移がみられず治癒したと考えられる目安のひとつ)も、早期がんであれば良好ですが、進行がんになると再発の頻度が高くなり、再発の予防のための抗がん剤治療や、再発の早期発見のための定期的な検査が必要です。早期がんの場合でも、粘膜下層までがんが浸潤していると、血管やリンパ管を通してリンパ節への転移(10%程度)や、まれに血行性転移(主に肝転移)をすることがあります。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.