40代 健康

Life in the future

40代からの体の悩み
・体験談   HOME
vol.2 大腸がんはどんな病気か
vol.3 大腸がんの自覚症状
vol.4 大腸がんの検査
vol.5 大腸がんを確定する検査
vol.6 大腸がんを確定する検査2
vol.7 大腸がんの治療 ステージ
vol.8 大腸がんの治療
vol.10 人工肛門
vol.11 放射線療法・抗がん剤治療
vol.12 がんの再発と転移
vol.13 手術後・退院後の食事
vol.14 手術後の日常生活

大腸がん - 開腹手術と腹腔鏡手術

手術は、体内からがんをとり除くことで、高い治療効果が期待できます。大腸がんの治療は、手術による切除が基本になりますので、すべての病期(0期~Ⅳ期)で選択される可能性があります。手術では、がんのある腸管とリンパ節を切除します。がんが周囲の臓器に及んでいる場合は、それらの臓器も切除します。がんができている部位や進行度によって手術の方法は決まります。切除範囲やの臓器も切除します。がんができている部位や進行度によって、手術の方法は決まります。切除範囲や合併症、危険性も異なるので、担当医の説明をよく聞いてください。
手術には、おなかを切って開く開腹手術と、おなかを切らずに腹腔鏡を使用して行う手術があります。体への負担が小さいのは腹腔鏡手術です。以前は、おなかを開いて病変を医師がその日で確認するので、腹腔鏡よりも開腹手術のほうが確実であるとされていましたが、医療機器の進歩により、現在は腹腔鏡でもそれほど遜色のない結果がえられます。そうすると腹腔鏡のほうがすぐれていると思いがちですが、先に述べたようにがんがある部位によって結果が違ってきます。高齢の方などで体への負担が心配で腹腔鏡での手術を希望する人もいますが、開腹手術で行ったほうがより確実に切除できるのであれば、開腹手術を選択するべきです。過度の体への負担はもちろんよくありませんが、手術の目的は、あくまでも「がんを確実に切除すること」です。腹腔鏡を使った結果、体への負担は小さかったけれどがんをとりきれなかったというのでは、本末転倒です。あくまでも「がんを治療し、根治を目指すこと」が最重要事項であることを頭に入れておかなければなりません。

大腸がん手術

腹腔鏡下手術

従来、大腸切除は腹壁を20㎝前後切開し、開腹することを必要としていました。1990年初め頃から胆嚢摘出術で始まった腹腔鏡下手術が、その後、大腸にも応用され始めました。腹腔鏡下手術は腹腔内を二酸化炭素で膨らまし、操作野をつくった上で、腹腔鏡というカメラでモニターに映して、穿刺した孔(ポートと言います)から鉗子を腹腔内に挿入して大腸の剥離、血管処理を行い、そのまま腹腔内で切除、吻合を行う、あるいは腹腔鏡補助下手術と呼ばれる小切開創から腸管を体外に引き出し、切除、吻合を行う手技です。最も大きなメリットは傷が小さくなることです。ポートは径5mmから1cmが4個前後。腸管を摘出する創は5cm程度1個が必要ですが、刺した傷は跡が目立ちにくく、痛みが軽くなります。さらに、空気や無影灯の強い光ににさらされないことも加わり、癒着性腸閉塞が減り、腸管麻痺が早く回復することが長所としてあげられています。一方、モニターを見ながら行う操作なので、開腹術より視野が不十分、鉗子操作の方向性が限られ、操作に慣れが必要で開腹手術より通常時問がかかること、保険診療点数は認められているものの、腹腔鏡映像システムや鉗子など特殊な器具を使用し、費用がかさむこと、視野の確保のために無理な体位をとることによる合併症発生、がんの手術としての根治性が確立していないこと、さらに頻度は多くありませんが、ポート部への再発という特殊な再発形式があることなどが短所としてあげられます。遠隔成績ではほとんどステージIでしたので、再発死亡された方はいません。がんの手術としての根治性は、欧米ではほぼ変わらないと言う臨床試験の結果がでてきていますが、日本では欧米より開腹術による結腸切除の治癒率が高いので、臨床試験を行っている最中です。

開腹手術

結腸がんの開腹手術は、それほど難しいものではありません。腹腔鏡手術にくらべると短時間で終わります。結腸は50㎝以上切除しても、日常生活に支障が出ることは多くありません。ただし手術の傷痕が10cm以上になるため、腹腔鏡手術よりは痛みがあることと、手術後の回復に時間がかかることが難点です。また開腹手術では、癒着が起こりやすくなります。癒着とは、臓器が手術のときに外気に触れて刺激を受けてしまい分泌液を出した結果、組織同士がくっついてしまうことです。傷の回復に役立つという利点もありますが、癒着がひどいと腸が曲がったり、ねじれたりして腸閉塞(ちょうへいそく)(食べ物や消化液が腸に詰まった状態)を引き起こす可能性があります。術後、早めに体を動かすことで腸の運動を促進して、癒着を防ぐことができます。

直腸の手術

直腸の手術は、結腸の手術とくらべて難易度が高くなります。早期がんであれば内視鏡を使用した手術ができるのですが、肛門に近い部位にがんがある場合、経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー(TEM)という手術方法が用いられます。直腸鏡、手術翼が装着された金属製の筒を肛門から挿入し、直腸鏡で内部の様子を見ながらがんを切除します。切除部分の粘腎に生理食塩水を注大してがんの部分を浮き上がらせ、針状の電気メスで切りとります。この手術方法であれば、周囲の臓撃自律神経を温存できる可能性が高くなります。術後、2日目には粥状の食事をとることができます。進行がんでは、切除範囲によって人工肛門をつける必要があります。以前は直腸をすべて切除する方法が手術の主流だったので、6~7割の人が人工肛門になっていました。しかし最近では排便機能を温存する手術方法が採用されるようになり、その数は減っています。

前方切除術

直腸上部にがんがある場合に、がんの下側3㎝上側10㎝以上を切除する方法です。直腸を流れるリンパ節が上に向かっているため、下部の切除は少なくてすみます。この方法では直腸をかなり残すことができるので、排便機能を温存できる可能性が高くなります。

低位前方切除術

低位前方切除術は、直腸上部、または直腸下部にがんがある場合、前方切除術よりも肛門に近いところで切除する方法です。

Copyright (C) ~ Life in the future ~ 40代からの体の悩み All Rights Reserved.